育毛漢 ~魂のMENU~

育毛漢のかなり濃い話

第5話「ストレス解消は育毛成功への第一歩」

よく、育毛関連のお悩み解決系サイトやブログで『ストレスは育毛の原因なので、ストレスの溜まらない生活を心がけましょう。』という文章を見かけますが、読むたびに思いませんか?

『そのストレスの溜まらない生活が出来ないから困ってるんじゃん…。』

これらのサイト運営者は、きっと本当に薄毛に悩んだことがない方だと容易に想像できます。正直育毛漢としては、内容が薄っぺら過ぎて読む気も失せると同時に、ウンザリしてしまいます。

ですから今回のコラムにおていは、もっと踏み込んで、読んだ方が何かしらの「気付き」を得られる記事を書こうと思います。

ストレスが薄毛を引き起こす仕組み

ストレスというのは、髪の毛・引いては健康にとって良くないのは確かです。これはもう皆さん日々経験していることですが、精神的に、肉体的にストレス(負荷)がかかると、本当に身体がダルくなって、何もやる気が起きなくなりますよね。

この「いち」事実を見ても、ストレスが身体に与える影響の大きさは、見て取る事ができるはずです。ということは、身体の一部である髪の毛・頭皮にも何らかの悪影響は与えるものだよな…、という考えに至るのは素人でも容易でしょう。

身体の仕組みとして、ストレスは自律神経を緊張させ収縮させます。この結果、血流が悪くなり、肩こりや首筋のこりを引き起こしたり、頭皮の血流を悪くしたりして、それが過剰になると栄養が行き渡り難くなり、薄毛になると言われています。

自律神経というのは自分の意思に関係なく、刺激や情報に反応して身体の機能をコントロールしているので、言ってしまえば自分ではどうしようも無い動きなんです。自分で胃や腸を自在に動かす、血管の血液量をコントロールする、というのは意識してもできない行動です。

ですから、そういった事を未然に防ぐには、その大元であるストレスを何とかいなければならないという理屈になります。これが、ストレスはハゲると言われている最も一般的な語り口のソースですね。

ストレスは育毛をする「行為」を邪魔する

育毛漢としては、経験としてコチラの方が大事なだと思っていますが、とにかくストレスで自律神経が云々…、というよりもまず、ストレスがあると何もやる気が起きないので育毛行為の継続が出来ない、という事です。

育毛の成功というのは、日々育毛剤を付けたり、サプリメントを飲んだり、頭皮チェックをしてみたり、食事を意識的に摂ったり、といった継続的な行為の延長戦にしかありません。そして、少なくても半年~1年は続けなければなりません。仮に成功してたとしても、その後も継続するべき行為です。(程度は軽くしても)

そのような時に、ストレスを抱えていては、途中で投げ出してしまう、止めてしまうのは当たり前ではないでしょうか?

冒頭でも言いましたが、巷の育毛関連サイトでは、『ストレスはハゲの原因になりますから気をつけましょう!』と声高に言っていますが、これはむしろ、今現在ハゲていない人へ向けてのメッセージであって、実際このようなサイトに訪れる人の殆どは、既にハゲ・薄毛の悩みを抱えている=ストレスを抱えている、という人達です。

ですから本当は、いかにしてストレスを解消して薄毛の原因を潰していくか?という実践的情報が知りたいんです。実際過去の育毛漢もそうだったので、今このような育毛サイトを立ち上げたからには、しっかりその辺りについて濃く語りたいと思っているのです。

次回に続きます。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ