育毛漢 ~魂のMENU~

育毛漢のかなり濃い話

第4話「AGAの原因とその仕組みを徹底的に知る」

今回は、薄毛・ハゲに悩む95%以上、日本の人口の約1,000万人がこの原因だと言われているAGA(男性型脱毛症)について濃く話してしこうと思います。前々回・前回と原因や症状について詳しく語りましたが、今回はAGAの仕組みについて語ります。

まず、知っておきたいのがヘアサイクルについてです。ヘアサイクルは毛周期とも呼ばれ、正常な人の頭皮、髪の毛は、以下のような順序で生え変わりをしています。まずは下の図を見て下さい。

正常なヘアサイクル(毛周期)

このように通常のヘアサイクル(毛周期)の場合、1本の毛が生えて抜けるまでに、約2年以上の長い期間を要することが分かります。ところがAGAの場合だと、このヘアサイクルの成長期の過程でこんなことが起こっているのです。

AGAを発症している頭皮のヘアサイクル

本来なら2年~6年程度、ドッシリと腰を据えて生えている太くて丈夫な髪の毛が、わずか数ヶ月から1年にも満たない期間で抜け落ちてしまっているのです。

毛髪は、成長期退行期休止期、そして脱毛のサイクルを繰り返していますが、いわゆるこの成長期における髪の毛のトラブルこそがAGAの症状になります。

成長期における、髪の毛を作りだす毛包(もうほう)の成長が不十分なために、髪の毛が完全に育ちきらない内に抜けてしまうので、薄毛・ハゲになるのです。

AGAのもっとも大きな原因はなに?

AGA(男性型脱毛症)の最も大きな原因は、男性ホルモンの影響によると考えられています。 男性ホルモンのテストステロンという物質が、還元酵素の5αリダクターゼによって、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変換されます。

そしてDHTが毛乳頭細胞にある受容体と結合して、髪の成長を阻害してしまうことが最新の研究においては判明しています。

AGAで薄毛になる仕組み・メカニズム

AGA(男性型脱毛症)の脱毛箇所を検査すると、高濃度のDHT(ジヒドロストステロン)が確認できるそうです。このDHTの影響で髪の毛の成長期が短くなり、髪の毛が成長しきる前に抜けてしまうのです。

元々男性ホルモンには体毛を増加させる働きがありますが、髪の毛の場合においては逆の働きをして、伸びるのを抑制してしまう働きがあるのです。こんな神様の悪戯ってあるんでしょうか…。(泣)

次に多いと言われているのが遺伝

これは昔から言われていることですが、『両親やおじいちゃんおばあちゃんがハゲていると子供もハゲる。』というのは、やはり本当という事で医学的にもファイナルアンサーになりつつあります。

ハゲは遺伝するのか?AGAの原因の約8割が遺伝によるものという説もあります。

『じゃあ一番多い原因は男性ホルモンでは無くてAGAじゃん!』となりますが、男性ホルモンのホルモンバランスも遺伝するからこういう言い方になるのだと思います。

遺伝についてもうちょっと踏み込んだ話をしますと、脱毛を引き起こす還元酵素5αリダクターゼの体内における分布が決定するのは、DNAの情報によってなのだと言われています。

そして子へ遺伝する割合は、父親が薄毛の場合は50%、母親が薄毛の場合は75%、というようなデータがあります。つまり父親がAGAの場合は2人に1人、母親がAGAの場合は4人に3人、という割合で子もAGAを発症するという事です。

はっきり言って「遺伝」って聞くと『もうどうしようも無い…。』という諦めムードになる人が居ますが、それは間違いです。

上の図ように、しっかりとした直接的原因と仕組みが分かっているのだから、そこへ対してピンポイントで対策を行えれば十分解消の可能性の道はあり、その道は太いと育毛漢は思います。

なぜらな現在の育毛剤達は、こういった育毛を阻害してしまう物質に対して直接的にアプローチできる成分を配合したものが開発されているからです。過剰な期待は禁物ですが、科学は日々進歩していますので、心強いですよね。

その他にストレスとか偏った食事・睡眠不足も原因

その他にも原因として考えられるのがストレスです。人間はストレスを強く感じると自律神経などのバランスが乱れてしまいます。

その状態が長く続くと血流が悪化し、髪の毛まで栄養が行き届かなくなってしまいます。また、ストレスによって免疫系に異常が生じ、毛根の炎症などが引き起こされ、抜け毛を引き起こす可能性もあります。

ストレスについては非常に難しい問題ですが、なんとか改善・解消を目指したい問題です。これは育毛に悩む人の問題ではなく、全ての人が解消を願う悩みですね。

また、食事・睡眠などの日々の生活習慣が、髪の毛にとって良くない環境を作り出している可能性も多いです。基本的に健康的な生活を送る=髪の毛に良い生活を送る、ということなので、育毛のためには健康志向に考え方をシフトする必要があります。

このストレスと生活習慣については次回からじっくり濃く話していきます。

育毛漢の考え方としては、『生活習慣や睡眠をしっかり見直してから育毛剤や育毛シャンプーなどのアイテムを使わなければ、その効果が最大限に活かせない!』と、自身の実体験からそう思っています。つまりお金がもったいない、ってことです。

ですから、ちょっと遠回りかもしれませんが、まずストレスなどのメンタルな部分と日々の生活についてしっかりと勉強した方がよいです。その方が結果的に育毛の成功への近道を歩むことになるハズですよ。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ