育毛漢 ~魂のMENU~

育毛漢のかなり濃い話

第2話「育毛は薄毛(ハゲ)の症状を知ることから」

第2回目は、自分にとって正しい育毛の方法を知ることがいかに重要かをお伝えしたいと思います。そのためには、自分が薄毛になってしまった、ハゲてしまった、その原因をしっかり把握することが大切なのです。

まずは以下の項目にあてはまるものはありませんか?あてはまった場合は要注意です。ここでは、その症状別に原因や対策を簡潔に解説してみます。

額の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなった(と感じる)

おそらく殆どの男性の方が、この症状にある日突然気が付いてドキっとするのだと思います。これは男性型脱毛症(AGA)と言って、実に薄毛・ハゲの症状に悩む男性の95%以上がこの症状に該当します。

生え際の両端の髪の毛が後退し薄く見えてしまういわゆるM字ハゲや、頭頂部が薄くなってしまうO字ハゲが段階的に進行していきます。

AGAは、20代~30代に発症する場合、若年性脱毛症(じゃくねんせいだつもうしょう)と言い、40代~50代に発生する場合は、壮年性脱毛症(そうねんせいだつもうしょう)と区別して言われます。

私は24才位にはハッキリと頭頂部が薄かったので、若年性脱毛症を発症してしまったと言えます。はっきり言って一番悩みが深い脱毛症でしょう。

AGAについては次回のコラムで更に詳しく掘り下げていこうと思います。

頭が皮脂でギトギトしていてしっとりとしたフケがある

これは脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)の予備軍かもしれません。放置しておくとこの状態から薄毛・ハゲになってい、正式な?脂漏性脱毛症になる可能性があります。

ただしその割合はかなり少なく、薄毛の原因の1%にも満たないと言われている位の珍しい症状です。

脂漏性脱毛症の症状では頭皮の脂汚れが確認できます。毎日のシャンプーを怠ったり、シャンプーをしてもしっかりとすすがないで終えてしまったり…。そんな不衛生な状態・不潔な頭皮が長くなるとさらに症状は悪化します。

また、この脂分はフケになって毛穴を塞ぎ、頭皮…特に毛穴周辺に大量の脂分が詰まることになります。そして、毛穴が上手に呼吸できなくなり、最終的には抜け毛を引き起こします。

ですからポイントは、正しいシャンプーの方法を学び、頭皮を清潔に保つことです。

また、万が一発症してからの改善を試みる場合は育毛シャンプーの活用が大変効果があります。予防の場合はある程度気をつけるだけで良いと思うのですが、もう症状として現れてしまっている場合は、何らかのアプローチが必要です。

原因として最たるものは、ホルモンバランスの乱れと言われていますが、なにしろ奨励が少ないので原因の正確な特定は難しいのが現状です。

また、ストレスの蓄積や生活習慣の乱れによって起きることもありますし、個人的な体質によっても起こります。ただしこれらの原因は非常に割合が少ないようです。

脂漏性脱毛症はしっかりとした頭皮ケアを行えば高確率で改善が可能なちょっとホッとする?脱毛症ではあります。

皮脂が乾燥してカサカサのフケが大量に出る

これは粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)の予備軍かもしれません。放置しておくとこの状態から薄毛・ハゲになってい、正式な?粃糠性脱毛症になります。

これも脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)と同様に、珍しい症状です。ですから軽度のヒケであればまず疑う必要は無いと思います。

脂漏性脱毛症が過剰な皮脂の分泌によるものである事に対して、粃糠性脱毛症は頭皮の角質異常により角質が剥がれ落ち、大量のフケを発生させます。

万が一大量のフケが発生して、これはもう異常事態だ!と思った場合は、伝染性の皮膚疾患による角質異常である可能性もありますから、まずは最寄の皮膚科で受診されることをお勧めします。

頭髪全体が一様の薄くなったし体毛も薄くなった

これはびまん性脱毛症の可能性が大です。このような症状が確認できたら次に以下のリストに思い当たるフシはないか?チェックしてみて下さい。

・それ以前に過度なダイエットをしたり短期間で急激にヤセた
・とても耐えきれないレベルの極度のストレスを感じている
・ピルなどの避妊薬を飲んだ
・スーパーで売っている安価なシャンプーで1日何回も洗髪している
・ムース・ワックス・ジェルなどの整髪料を結構使用している

以上の項目になあてはまるようであれば、高確率でびまん性脱毛症です。改善方法はそれぞれ思い当たる所に対して改善策を立てて実行するしか方法はありません。

ダイエットとストレスについて

過度なダイエットの場合は緩やかで健康的なダイエットに切り替えて下さい。ダイエットは急激に痩せた方が結果的に失敗します。リバウンドが起こり、逆に内臓脂肪の割合が増えて、痩せにくい身体になるので逆効果です。

ストレスに関しては中々難しいのですが、しっかりと自己分析をしてストレスを発散するための方法を見つけ出すのが大一歩です。ピルの服用については、その服用を止める以外に改善策はありません。

スーパーで売っている安価なシャンプーと過度の整髪量の使用

そして4番目と5番目についてですが、これは詳しく言うと、高級アルコール系のシャンプーで必要以上の洗髪をしている場合や、整髪料の付けすぎ、そして、そのまま寝てしまうなどのすすぎ忘れの程度が多いということになります。

これは、毎日頭皮や髪の毛に対して凄いダメージを残すものなので、今すぐ止めるべきです。どうしても整髪料を必要とするのであれば、良質のシャンプーで正しい洗髪を行いすすぎに十分時間をかけて下さい。これは薄毛をかなり進行させます。

自分の薄毛のの症状が分かったら

ここまで読んで頂いた中で、今現在薄毛になやんでいる人が居ましたら、殆どの方は一番最初の男性型脱毛症(AGA)が原因ではない?AGAの症状に当てはまっている…。と感じていることでしょう。

ですから次回はこの男性型脱毛症についてもっと詳しく解説すると同時に、原因や対策について育毛漢が濃い話を展開していこうと思います。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ