育毛漢 ~魂のMENU~

育毛成功までの流れ

4.育毛のための運動を習慣化する方法と考え方

テニスラケット運動を日々の生活に取り入れ、習慣化することは、社会人になった方々の場合、それは至難のワザだと思います。

育毛漢は、テニスに出会うまでは、この運動の習慣化には大変苦労しました。おそらくテニスに出会ってなければ、『運動を継続して、育毛成功も達成できなかったのではないか?』

と本気で思います。ですから、自分がハマれる運動方法や競技を見るけることがスタートだと思っています。

運動を継続させるために絶対おさえておくべきこと

よく育毛情報サイトでは、『運動を習慣化しましょう。』と言っていますが、そんな事は百も承知ですよね?(苦笑)分かっていても出来ないから苦労しているのです。

運動が嫌いな人が「育毛のため」とはいえ、一念発起して初めても、もって1ヶ月だと思います。運動をしている最中の疲れや、疲れが溜まってやりたくない気持ちを抱えながら準備するのは憂鬱です。

最も、育毛を考えた上での運動はこのように激しくなくても大丈夫ですが、それは後ほど有酸素運動の項で解説します。

それよりもまずは、運動を習慣化するためにやらなければならない重要なポイントがあるのです。他のサイトでは語られていない部分に言及してみます。そこをおざなりにしてまで行う運動には

『運動しなければならない…・』

という精神的束縛が発生して、かえってストレスを招き、育毛に悪影響になる可能性はあります。ですからまずは、メンタルの準備が最重要課題なのだと育毛漢は断言します。

自分で考えること、自分で適正を見極めること。

誰かが、『水泳が育毛に一番効果がある。』と言ったり、
また誰かが、『ジョギンングが面白いから続くよ。』と言ったりしても、

それは鵜呑みにしてはいけません。自分にとっては当てはまらない場合がほとんどだからです。そういった周りの声は無視して、まずは自分に問いかけてみましょう。

自分は何をしている時にが一番楽しく身体を動かせているか?』
『過去に運動に関することで一番面白いと思ったことは何だったか?』
『スポーツに関して褒められた経験はあるか?それは何だったか?』

とにかく、スポーツや運動関係で嬉しかったことや楽しかったことを、何でもいいので、メモ用紙に書き出してみましょう。

そこに何かヒントがあるハズです。何度も何度も繰り返し考えて、自分が一番前向きになれる運動をまずは見つけて下さい。

例え運動自体が嫌いでも、『このスポーツ観戦が好きだ。』というパターンもあるでしょう。そういったものでも結構です。そうすれば流石に一つは見つかるはずです。

とにかく運動の継続には、嫌な気持ちを出来るだけ抱えない、無くす、軽減する、というのが一番のポイントです。多少気持ちがダルイ日でも、この運動なら楽しみ方が分かる、というように気持ちが向かうのがベストです。

育毛漢も場合は「テニス」が当てはまりました。

中学時代ちょっとやったことがあって、その時はとてもつまらない時期もあったのですが、当時、中途半端なままでテニスの部活を終えた思い出が、どうしても自分の中で引っかかり、もう一度ちゃんと1からやってみたいと思うようになりました。

実際にやってみて新たな発見や楽しみもありました。

テニスは一瞬の判断が必要なため、強制的にテニス以外のことは考えられなかったのです。相手がいるので、まったなしの状況が強制的にできるのです。

結構相手が居ると良いと思います。育毛漢の場合はテニススクールに入会したので、相手に困るということはありませんでした。

育毛漢の体験談を踏まえた運動についての考え方ですが、皆さんの参考になればと思います。

育毛には有酸素運動がベスト

これは育毛に限らず、健康や美容、ダイエットといった全ての面から言える事ですが、好き嫌いを抜きにして言うなら有酸素運動は是非とも取り入れたいものです。

ダイエットや健康のためだけを考えれば、実は激しい運動よりも有酸素運動の方が有効だとはよく言われます。

そして、これはもちろん育毛にも当てはまります。育毛漢はテニスと同時に、この有酸素運動も取りいれています。

有酸素運動の方法

有酸素運動は簡単に言ってしまえば、ちょっと汗ばむ位の軽めで長めの運動です。育毛漢は散歩を取り入れていますが、その他にも、ジョギング、自転車(エアロバイク)、水泳などが一般的です。

これらの運動を1日20分 ~ 30分程度週に3日~5日行うことが推奨されます。その時に目標心拍数を超えないようにしましょう。

目標心拍数は以下の計算式で求められます。

【220-年齢】× 0.7 = 目標心拍数(毎分)

となります。

育毛漢は34歳なので、【220-34】× 0.7 = 130(毎分)です。例えばスポーツジムなどにあるエアロバイクというマシンは、自分の脈拍を測りながら運動できるので、その時に130という設定値を入力できます。エアロバイクはかなりおすすめです。

因みに運動の際には水分補給を忘れずにしましょう。水分補給は水がベストです。喉が渇いたら飲むのではなく、最初にきちんと水分を補給してから始めます。

これはテニススクールのコーチに教えてもらったのですが、喉が渇いてから水分を取るのでは遅いそうです。

心拍数を計る時は、運動が終わった後すぐの10秒間だけで大丈夫です。その10秒に数えた心拍数を6倍すれば、1分間の心拍数になります。

とにかく継続できることが大事

これは過去の自分にとっては耳が痛い話なのですが、95%以上の人が3ヶ月も続かないというデータがあるようです。それくらい日々の生活の中に取り込むのが難しいのです。

行為自体は誰でも可能なことなのに、それをずっと続けるのはどうして出来ないのでしょうか…。人間は実に悩ましい生き物です…。

ですから、まずは運動の前の事前準備、心構えが大事で、継続するためにはどんな手段でも使う位の姿勢じゃないと、まず高確率で失敗に終わります。

育毛漢の場合は、テニススクールに通っていますが、レッスン代は月に1万円もかかります。東京都内にテニスの壁打ち場は沢山あり家の近くにもあるのですが、敢えてお金を掛けてテニスをしています。

これは、半ば継続するためのモチベーション代です。

こういう風にして、自分なりに継続できるように努力することも大事です。もちろんお金を欠けられない場合は別なアイディアで乗り切って下さい。例えば友達を巻き込むとか、どこかのサークルに所属するとか、考えればいくらでも出てきます。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ