育毛漢 ~魂のMENU~

育毛成功までの流れ

3.育毛を継続できる仕掛けを作る

当たり前の話ですが、育毛に失敗する人の100%が継続できなくて止めてしまいます。単純ですが深い話です。ということは裏を返せば、

継続することが出来れば育毛が成功する確率は相当高まる

と言えます。

しかし、この「継続する」というのは本当に厄介で、これはもはや、人間の本能(サボリたくなる気持ち)との戦いだと 育毛漢は強烈に感じています。

やる前の意気込みとは裏腹に相当な「壁」となるのを育毛漢は幾度となく経験してきました。ですからこの問題については事前の準備というか作戦がとても重要です。

育毛を継続させるためのコツ

育毛漢は育毛に本気になるまで継続できない人間でした。いつも1,3ヶ月続けた頃に、

『今日は育毛剤付けるの忘れちゃったけど、明日付けるからいいや。』
『今日は忙しかったから、昼の散歩を夜にしよう。』

とか自分に甘くなってしまいます。

人間一度ルールを破ると、二度三度と破ります。これは皆経験あると思いますが、抗えない人間の性みたいなものです。どうしても最初のモチベーションとは裏腹に、
地味な日常に埋没してしまうとサボリ魔が顔を出してしまいます。

そこで育毛漢は考えました。そしてこういう考えに至ったのです。

『モチベーションとかに関係なくそれこそ毎日当たり前に、ご飯を食べるように、排泄行為をするように、ごくごく日常の習慣として続けられるようにすれば、育毛に挫折することなく継続できるのではないか?』

つまり、育毛行為自体が億劫に感じるからいつか止めてしまうのです。そこまで己を見つめ試行錯誤した結果、以下の方法を試してみることにしました。これが見事にハマリました。

育毛漢はこのやり方で、まったく育毛行為が苦ではなくなり、むしろ毎日しないと気持ち悪くなるようになりました。以下に紹介しておきます。

サプリメントはピルケースに入れて管理

例えば、あるサプリメントが1日3粒を目安に、「朝・昼・夜と摂取しましょう」とあったとします。大抵の人は、最初はモチベーションが高いですから、せっせと説明通りに実行するのですが、ある時期を過ぎるとこれすらも面倒になります。

人それぞれかもしれませんが、少なくても育毛漢は続けられませんでした。ほんと意思が弱い&面倒くさがりやなんです…。(汗)

しかし、意思が弱いのをただ嘆いていても仕方ないので、こんな育毛漢でも続けられる方法を考えて準備することにしてみました。

①.サボリがちな昼は抜かして、朝2粒、夜1粒にする
②.ピルケースでサプリメントを管理して持ち運べるようにする
③.まとめて一か月分作って保管し、必要な分を取り出して使う

です。実際にどうしていたか写真を載せておきます。

育毛を継続させる仕掛け

まず、適当な大きさのボックスを用意してそこにピルケースを入れますが、育毛漢の場合は昼にサボりがちで、尚且つその昼にサボると『じゃあ夜もいいか…。』といった流れに陥ってしまっていたので、

この際昼は捨てたのです。

その代わりに朝にまとめて飲んでいました。画像を見てもらうと分かるのですが、朝・夜で対にしています。これが功を奏して、サプリメントを毎日欠かすことなく摂取できたのです。

因みに、このピルケースは幾つでも連結できるので、朝・昼・夜、と習慣化できる人は、3個で1塊にできます。選ぶ際の参考にしてみて下さい。

もうひとつの利点として、泊りがけで出かけたりする時に、必要な日数分を持ち運べるというのがあります。購入したときに入っているケースなどは結構かさばったりするので、こういった小さなストレスにも縛られません。

小さなことですが、以外に重要だったりします。

育毛アイテムの置き場所には十分配慮する

これもとても重要です。ここまで言及している育毛関連のサイトは見たことないのですが、本当に重要なことなので説明しておきます。

例えば、上に紹介したピルケースを管理するボックスですが、これは実はトイレに置いてあります。どういう理由かといいますと、

①.朝と夜に必ず便意をもよおすから
②.用を足している時、何もすることがないから

です。育毛漢が思うにこの2点は、継続のための核心的な要因だと思っています。

トイレにピルケース人間は用を足す時に、必ずトイレに行きますよね。この「必ずくる生理現象」というのを利用しているのです。男で便秘の人に関しては尿意の時に便座に座っておしっこをしてみて下さい。

さらに、用を足している最中は、大抵ジーっとして考え事をしたり、手持ち無沙汰な状態ですよ。

このような条件下では、「ピルケースをひとつ取り出してサプリメントを飲む」 という行為がいかに自然に、何のストレスもなく行えるか!育毛漢にとっては新しい発見でした。

実際にやってみればよく分かると思います。そして、このような理屈で育毛剤や育毛シャンプーの置き場所、次のページで語っている運動などの習慣化についても考えてみて下さい。きっと応用が効きます。

自分が日ごろ、ほとんど無意識的に行っているルーティーンの中に、ちょっとだけ育毛行為を挟める箇所があるはずです。それを見つけて下さい。

そうすれば、必ず継続できます。まるで呼吸をするように当たり前の行為として染み付きます。因みに育毛漢は、育毛剤は台所の流しの上に置いてある歯ブラシの隣に置いています。

育毛剤はに付けるものなので、に必ず行う「歯磨き」というルーティーンの中に組み込んだのです。

歯ブラシの横にあれば、となりの瓶(育毛剤)に手を伸ばす程度は、全く苦にならなかったのが継続成功のポイントです。

失敗しがちなパターンとして、育毛に関するアイテム全てを同じ場所に置いて管理するパターンです。一見効率的に感じますが「育毛を継続させる」という視点からすると、じつは非効率なのです。

どうでしょう?頭をフル回転させて、自分なりの継続する仕掛けを考えてみて下さい。あなたの生活習慣を見直すキッカケにもなって一石二鳥です。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ