育毛漢 ~魂のMENU~

育毛漢が実践している育毛方法

夕食は腹八分&寝る3時間前までに食べる

育毛漢は育毛のためにも健康のためにも、夕食は、寝る前の3時間は食べないようにしています。寝るときに胃の中に食べ物が残っていると、脂肪がたまりやすくなり肥満につながるからです。

ですから、消化時間にもきにしつつ腹八分目というわけです。

脂肪を分解する働きをもつ成長ホルモンは、眠り始めてからの1番最初の深い眠りにあわせて多量に分泌されます。成長ホルモンは 空腹時のほうが分泌されやすいという特徴があります。

さらに言うと、寝る前3時間以内の炭水化物の摂取は、成長ホルモンの分泌を妨げるので、細胞の修復力がダウンするため育毛にもよくありません。

育毛漢は大体いつも夜12時には寝ますから、夜9時以降は注意しています。

どうしても何か食べたくなってしまった時は、炭水化物や甘いもの、脂っこいものをさけて、低カロリーのゼリーとかを食べています。

セブンイレブンの寒天ゼリーしっかりした味のやつなら、結構満足感も得られるのでおすすめです。育毛漢がハマって食べていたのが、セブンイレブンの寒天ゼリー(ぶどう味)です。

カロリー0で結構お腹にたまるので、一時期はそうとうお世話になりました。

今までよりも食事の量を減らして腹八分にする方法

同じ量の食事をしていても咀嚼(そしゃく)の回数によって、得られる満腹感が違うというのを知っていますか?

より多く噛んでから飲み込む方が、満腹感を得られます。理想は一回の咀嚼で50回以上噛む事だそうですが、嬉しいことに、こうする事の効果のもうひとつに、なんと育毛効果もあるのです。

咀嚼をすると唾液が多く分泌されますが、この分泌のもとである唾液腺の中のひとつで、耳の下にある耳下腺からパチロンというホルモンがより分泌されるのです。

そしてこのパチロンには、脱毛症の予防、育毛・発毛の促進をさせてくれる効果があるのです。

育毛漢は習慣化するのに結構苦労しました。イザやってみれば分かるのですが、50回の咀嚼は結構面倒くさいです。

そこで50回ではなく、ちょっと甘めに最低30回以上に設定し、食事の中によく咀嚼しなければ飲み込めない食べ物を組み込むことにしてみました。

たけし君2世がうまい!特に育毛漢が特に好んで食べたのは沢庵です。たけし君2世という沢庵がめっちゃ美味しくて、これだけあればご飯が進む、という感じです。

あとは油揚げなど、噛めば噛むほど味が出てきて美味しいものも上手くいきます。豚汁も良かったです。家庭の味ですよね。嫁には材料を柔らかく煮込過ぎないように、と注文を出しました。そしてワシワシと口の中に入れて、味噌と渾然一体になるまで噛み続けると最高ですよ!

とにかく咀嚼回数をしっかり取れる週間が身に付きさえすれば、無意識で行えるようになるので、是非頑張ってみて下さい。

ちょっと話は脱線しましたが、満腹感と育毛効果の両方が得られるので、しっかりと咀嚼して食事をしてみましょう!

現在の育毛漢の育毛プログラムです。項目をクリック

朝
昼
晩
定期的にやること
過去に実践していた育毛方法

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ