育毛漢 ~魂のMENU~

薄毛・抜け毛の原因

薬の副作用

薬の副作用で髪の毛が抜けてしまう…。

この言葉を聞いて、育毛漢は真っ先に浮かぶのが抗がん剤です。
テレビドラマで良く見かけますよね。

抗がん剤は、がんの細胞を殺す目的で使用されているものなのですが、
ガンの細胞だけを選んで殺すような器用なことはできません。

抗がん剤が殺しているのは、実は細胞分裂の速い細胞全般なのです。

そこで毛根の話になるのですが、

毛根の細胞分裂はがん細胞の分裂よりも速いため、
抗がん剤からの影響を多大に受けることになるのです。

抗がん剤からの影響を受けた毛根は、
細胞を殺されたことで成長がとまり脱毛が引き起こされるのです。

また、毛髪というのは食品大気有害金属麻薬など、
皮膚などから吸収された毒素を体外へ排出する役割もあります。

体外へ排出される量よりも体内へ吸収される毒素の量が上回ると、
頭皮に毒素が蓄積されることで発毛しにくくなり、 抜け毛を引き起こします。

薬全般に関して言えることなのですが、身体にとって良いと思われる薬も、
過剰摂取することで薬品を体外に排出させないといけなくなります。

その時に毛髪は排出の役割を担う訳ですから、当然負荷をかけることになります。
何事も、ほどほどが大事なのです。

育毛漢は、育毛剤にしても育毛シャンプーにしてもサプリメントにしても、
過剰な散布や過剰な摂取は良くないという考え方でいます。

よく育毛剤などでは、説明書で案内している量よりも多めに付けると効果がある、
などといった意見がネットで見られますが、それは間違いだと思います。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ