育毛漢 ~魂のMENU~

薄毛・抜け毛の原因

脂漏(しろう)性脱毛症について

脂漏(しろう)性脱毛症とは、
頭皮から分泌される脂の量が増えすぎることで起こる薄毛の症状です。

過剰に発生した皮脂は、やがて汚れとなって毛穴に入り込み、
頭皮や毛根などの頭の皮膚の炎症を引き起こし薄毛になるのです。

脂漏性脱毛症はそのまま放置しておくと、
髪の毛の生え変わるサイクル「毛周期」に乱れが生じ、
さらに悪循環に陥ります。

脂漏性脱毛症の最大の原因

脂漏性脱毛症を引き起こす最大の原因は、
ホルモンの内分泌異常と、ヘアケアのし過ぎが原因です。

ホルモンの内分泌異常については、男性ホルモンのジヒドロテストステロンが過剰に分泌されることが原因であると言われています。

ジヒドロテストステロンは、男性型脱毛症のAGAの原因でもあります。

ジヒドロテストステロンの多量の分泌により刺激された皮脂腺が、
過剰な皮脂を出していると考えられているのです。

皮脂の分泌のバランスに気をつける

育毛漢は、シャンプーと洗髪方法が原因となっている場合がかなりあると考えます。

洗浄力の強いシャンプーを使ったり、
乾燥タイプの頭皮なのに一日に何度も洗髪してしまったり。

頭皮を守るべき分の皮脂まで洗い流したことで、
頭皮は逆に過剰な皮脂が分泌を促してしまうのです。

皮脂は基本的には健康な肌を保つためには必要なものです。

よく皮脂は頭皮をベトベトさせるので悪者扱いされてしまいますが、
問題なのは余分な皮脂であって、皮脂自体の機能を否定してはいけません。

必要な皮脂まで取り去ってしまうシャンプーや、
洗髪のやり方に問題がある事の方が多いのです。

ですから、自分の頭皮の状態に合ったシャンプーを選び、
一刻も早く正しい洗髪方法を知るべきだと思います。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ