育毛漢 ~魂のMENU~

薄毛・抜け毛の原因

牽引性脱毛症について

牽引性脱毛症とは、ポニーテールや髪の毛を強く束ねたりして、
長時間頭髪を強く引っ張られた状態が続いたときに発症する脱毛症です。

ヘアスタイルの関係上、女性に多い脱毛症です。

強く引っ張られていた髪の生え際や分け目といった部分の毛が細くなったり、切れやすくなってしまい、地肌が透けて見えるようになっていきます。

強く引っ張れば必ずなってしまうという訳ではありませんが、
常に強く引っ張っていると、牽引性脱毛症の可能性は高くなるようです。

牽引性脱毛症の対処法

牽引性脱毛症の原因は「引っ張ることによる毛根への過度の負荷」なので、
育毛剤塗布などの対処を行っても改善に繋がらないのが現状です。

ですから、基本的には毛根に負担を掛けてしまうような髪形を避け、
まめに頭髪の緊張状態を和らげてあげる
ことで自然に回復する可能性があります。

しかし、そうし始めたからと言って確実に回復するわけではありません。

余りに長時間そのような髪型をしていて負荷をかけ続けていた場合は、
回復が難しいのが現状です。

また、牽引とは違いますが、男性が常に同じところで分け目を付けている場合なども要注意で、やはりそこから毛が薄くなる場合があります。

毛の向きが常に同じ方向を向くことになるので、
それが頭髪に常に緊張をあたえることに繋がるのです。

そして牽引性脱毛症と同じように、
髪の毛が細くなったり切れたりしてしまいます。

ですから、頭髪や頭皮のためだけでなくイメージチェンジも兼ねて髪型を一定期間毎にに変えてみることをオススメします。

頭髪に違う風を吹き込ませてあげることが、
牽引性脱毛症にならない一番の方法だと思います。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ