育毛漢 ~魂のMENU~

薄毛・抜け毛の原因

男性ホルモンについて

男性ホルモンが原因でハゲることを、男性型脱毛症と呼んでいます。

この男性型脱毛症は一般的に、『男性ホルモンの多い人がなりやすいのではないか?』と言われてきました。

男性ホルモンは主に睾丸で作られているため、『睾丸のない女性や怪我などで睾丸の無い男性にハゲは少ない。』とも言われてきました。

しかし、若ハゲの人とそうでない人の血液中の男性ホルモン(テストステロン)の量を調べてみると、ほとんど差が無かったことから、男性ホルモンの量と若ハゲの直接的な関係性は無いものと解りました。

男性ホルモンはハゲの直接の原因では無いけれども…

男性ホルモンが若ハゲや脱毛の直接の原因では無いのですが、
ここに「ある」酵素が加わると髪の毛に良くない影響を与えてしまうのです。

ある酵素とは皮脂の中の5αリダクターゼという還元酵素です。

これが男性ホルモンを活性化さることで、さらに強い男性ホルモン、
5αDHT(デヒドロテストステロン) を作り出してしまい、頭髪の成長に影響を与えてしまうのです。

デヒドロテストステロンは若ハゲの人たちのみならず、
ハゲ系統の方の毛乳頭でも発見されているようです。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ