育毛漢 ~魂のMENU~

薄毛・抜け毛の原因

遺伝

遺伝が原因でハゲてしまうことを、男性型脱毛症と呼びます。

この男性型脱毛症は、一般的に
『 ハゲ遺伝が原因で、それが多い人がなりやすいのではないか?』
と昔から言われてきました。

また、遺伝子は主に睾丸で作られているため、
睾丸が無い女性はハゲない、というようにも言われてきました。

しかし、若はげの方とそうでない方の血液中の遺伝(テストステロン)の量を調べてみるとほとんど差は無く、遺伝の量と若ハゲの関係性は無いものと解りました。

しかし、この話には続きがあります。

遺伝の量と若ハゲの関係性は無いけれど…

遺伝は睾丸で作られ、そのままだと若はげや脱毛には関係ありません。

ただ、

ある酵素が加わることで遺伝を活性化させ、遺伝の中でも強い遺伝を作り出し、
頭髪の成長に影響を与えてしまうと言われています。

そのある酵素とは、皮脂の中の5αリダクターゼという還元酵素です。
もはや育毛の専門用語では有名過ぎるほど有名ですね。

これがテストステロンというものを活性化させ、
5αDHT(デヒドロテストステロン)という強力な遺伝となり、
毛母細胞の分裂を阻害する働きを持ってしまうと言われています。

これは若ハゲの人たちのみならず、
ハゲ系統の方の毛乳頭でも発見されています。

ちなみに、

遺伝はヒゲや体毛にも働きかけ、これらを濃くする働きがあるのですが、
何故か頭髪に関してだけは正反対の働きをかけをするというちょっと天邪鬼なところがあるようです。

この天邪鬼のせいで多くの人が深い悩みに陥っていると思うと、
なんだかいたたまれません。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ