育毛漢 ~魂のMENU~

薄毛・抜け毛の原因

AGA(男性型脱毛症)は薄毛・ハゲの原因No.1

脱毛の症状の95%がAGA男性型脱毛症)と言われるものですが、これは一体どういうものなのでしょうか?確か育毛漢が育毛に取り組み始めた9年前には聞かなかった言葉だと思うのです。

AGAの症状としては以下の症状が挙げられます。

・抜け毛が多くなった
・毛が細くなった
・毛の伸びが遅くなった、もしくは伸びない
・地肌が透けて見えるようになった
・髪のセットがしづらくなった
・頭皮が脂っぽくなった
・髪が少なくなることが不安に思うようになった

まあこれを見て分かると思いますが、言ってしまえば男性が『薄くなったな。』と感じれば、十中八九AGAということですね。少しでも思い当たるのであれば、すぐに本格的に育毛を開始することをおすすめします。

これは育毛漢の経験からですが、気のせいだと考えてはいけません。開始が遅くなるほど回復も難しくなるので、少し神経質な位が丁度良いと思います。

AGA(男性型脱毛症)の定義

いわゆる「若ハゲ」と言われてしまう、20代もしくは30代から、
徐々に進行していく症状をいいます。

頭髪が額の生え際から薄くなる方もいれば、
頭のてっぺんの方から薄くなる症状の方もいます。

脱毛した部分は産毛や細い毛が残っている場合もありますが、
進行が進むと完全に毛を失ってしまうことになります。

AGAの症状が見られたら、当然早期のケアをする必要があります。
ただし、自分がまだ若いので、

『この若さでまだハゲないだろう。』

といった現実を直視しない真理が働いてしまうので、
なんとなくケアをしない人が結構居ると思うのですが、

育毛漢の過去の苦い経験から言わせてもらえば、

変なプライドとかは一切捨てて、
一刻も早く本気で育毛に取り組むべきです。

『ちょとヤバイ程度だから、まあ育毛トニック買っておこう。』 ではいけません。中途半端は結局大きな悲劇を生んでしまいます。

AGA(男性型脱毛症)は女性でもなってしまう

この症状は、男性ほどではないにせよ女性でも症状が現れます。

男性ホルモン中のテストステロンが5αリダクターゼという変換酵素の働きにより、
デヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換され、
このホルモンが脱毛を引き起こすといわれています。

この時、DHTは女性の体内でも生成されるのですが、
女性の場合はエストロゲンとプロゲステロンという物質が、
DHTが毛根を破壊するのを保護するのです。

そのため、男性よりもAGAから受ける影響の割合が低くなるのです。

ただし、このエストロゲンレベルは加齢により減少するため、
女性にも脱毛がおこるようになるようになるのです。

そういった理由から、最近の育毛剤や育毛サプリメントは、
DHTや5αリダクターゼの抑制が注目されているのです。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ