育毛漢 ~魂のMENU~

薄毛・抜け毛の原因

薄毛・抜け毛の原因を正しく理解する

ここでは自分の例以外にも、薄毛・抜け毛の原因になるものを挙げたり、その症状についてまとめてあります。

基本的には皆さんが悩む薄毛の原因はAGAが殆どですが、その他の場合もありますので、自分の症状と良く照らし合わせてみて下さい。

早めの原因特定に役に立てれば嬉しく思います。

AGA(男性型脱毛症)

成人男性の脱毛の症状の95%がAGA男性型脱毛症)と言われるものですが、これは一体どういうものなのでしょうか?育毛漢が育毛に取り組み始めた9年前には多分聞かなかった言葉です。

円形脱毛症

円形脱毛症とは一般的に「10円ハゲ」と呼ばれる円形の境目のはっきりした、ある日突然発症する脱毛のことです。

びまん性脱毛症

びまんというのは余り聞きなれない言葉ですが、
これは「一面に広がる」という意味で、びまん性脱毛症というのは、
頭部全体の髪が均一に脱毛することをいいます。

遺伝

遺伝が原因でハゲてしまうことを、男性型脱毛症と呼びます。 この男性型脱毛症は、一般的に『 遺伝の多い人がなりやすいのではないか?』と昔から言われてきました。実際はどうなのでしょうか?

生活習慣

髪の健康と生活習慣。これほど関わりの深い物はないと思います。もし貴方の生活習慣の中で、髪に悪いことを行っているとすれば、それを止めることで劇的な改善に向かう可能性はかなりあると思います。

男性ホルモン

男性ホルモンが原因でハゲることを、男性型脱毛症と呼んでいます。この男性型脱毛症は一般的に、『男性ホルモンの多い人がなりやすいのではないか?』と言われてきました。

粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠(ひこう)性脱毛症とはどういう症状かと言いますと、頭皮のフケが毛穴に入り詰まり頭皮・毛根などで炎症を起こし、毛が生える力が衰弱してしまい薄毛になる症状のことです。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症とは、ポニーテールや髪の毛を強く束ねたりして、
長時間頭髪を強く引っ張られた状態が続いたときに発症する脱毛症です。

出産・産後

妊娠後期に女性ホルモンである「エストロゲン」が大量に分泌されることにより、一時的に髪の毛の脱毛時期を遅らせることが分かっています。

脂漏(しろう)性脱毛症

脂漏(しろう)性脱毛症とは、
頭皮から分泌される脂の量が増えすぎることで起こる薄毛の症状です。

薬の副作用

薬全般に関して言えることなのですが、身体にとって良いと思われる薬も、過剰摂取することで薬品を体外に排出させないといけなくなります。
その時に毛髪は排出の役割を担うので、負荷をかけることになります。

薄毛・抜け毛の原因を探る、症状を見つけるために

育毛漢の場合は22才位の時には既に頭頂部の髪の毛が細くなっていて、
本当にもう寝ても覚めても、髪の毛の悩みに取り付かれていました。

今思えば、当時は髪の毛の脱色が流行っていまして、育毛漢も若かったので、
つい何度も脱色してしまいました。

加えて、元々猫っ毛なのでヘアワックスで髪の毛を立たせていたのですが、
その夜のシャンプーで、ろくにすすぎをしなかったり、そのまま徹夜をして朝までワックスを付けっぱなしにしたり…。

なんだか書いていたら当時を思い出して悲しくなりましたが、
まあ、そのあたりが原因だったと思っています。

『自分はハゲないだろう。』

と何の根拠も無く思っていたのです。

当時は若かったゆえに、これが慢心だと言う事にどうしても気づけませんでした。どんな人でも自分がハゲる可能性はゼロではないですよね…。

ですから『自分だけはハゲない。』と思わずに、疑わしいと思ったら直ぐに対処するべきだと思います。育毛漢の経験からのアドバイスです。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ