育毛漢 ~魂のMENU~

ウーマシャンプーを使ってみた感想・効果

ウーマシャンプーの全成分解説

このページでは、ウーマシャンプー(U-MA)の購入をちょっと考えている方へ向けて、その成分を徹底的に調べてみました。簡単な解説ですが、知っておいて損はありませんよ。

クリックするとその成分の解説が読めます。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
コカミドプロピルベタイン ラウラミドDEA
コカミドDEA イソペンチルジオール
ラウロイルメチルアラニンNa ココイルメチルタウリンNa
ココイルグルタミン酸TEA ココイルアラニンNa
ポリクオタニウム-10 クエン酸
馬油 クララエキス
センキュウエキス トウキエキス
センブリエキス アロエベラエキス-1
BG アルニカ花エキス
オドリコソウ花エキス オランダカラシエキス
ゴボウ根エキス セイヨウキズタエキス
ニンニクエキス セイヨウアカマツ球果エキス
ローズマリーエキス ローマカミツレ花エキス
セイヨウオトギリソウエキス サボンソウエキス
セージ葉エキス トウキンセンカ花エキス
ホップエキス レモン果実エキス
黒砂糖 メントール
オタネニンジンエキス ダイズエキス
グリチルリチン酸2K ヒノキチオール
フェノキシエタノール エタノール

各成分の解説

名前 説明
不純物のない精製された水。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Na 洗浄剤が強い。洗いあがりはゴワつき、パサつきやすくなります。
コカミドプロピルベタイン 天然のヤシ油を原料として作られた洗浄成分。洗った後のゴワつきを抑えしなやかに仕上げます。 オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの効果との相殺目的かと思われる。
ラウラミドDEA 界面活性剤。泡の安定性向上、泡の起こしやすさ、ねっとり感の向上などの効果。皮膚への刺激を緩和する。
コカミドDEA ヤシ油から抽出した成分で、気泡力や洗浄力・安定性・感触の良さ・粘度を高めるために、他の界面活性剤の補助として配合され、刺激性が少なく安全性の高い成分。
イソペンチルジオール 保湿剤。無色透明のアルコール。皮膚に刺激がなく抗菌性を持つ。
ラウロイルメチルアラニンNa 植物性の脂肪酸であるラウリン酸という酸を原料に作られるアミノ酸系洗浄成分。
ココイルメチルタウリンNa ヤシ油とタウリン誘導体(老化対策に非常に有効な成分)で構成される洗浄成分です。低刺激で泡立ちも良い。
ココイルグルタミン酸TEA ヤシの実から抽出した成分。水によく解けて、洗浄力があります。毛髪の保護効果、修復効果がある。
ココイルアラニンNa ヤシ油由来のアミノ酸系の洗浄剤。マイルドに汚れを落とすのが特徴。洗浄力は控えめ。
ポリクオタニウム-10 トウモロコシなどの繊維から作られる成分。薄い皮膜を作り毛髪を保護して、コンディショニング効果を出す。
クエン酸 アルカリ性物質の中和や髪をサラサラにする効果がある。
馬油 馬の油です。保湿効果や血行促進効果、傷などが治りやすくなる働きもある。
クララエキス マメ科のクララという植物の根から抽出されるエキス。発毛促進効果、血行促進効果、抗菌効果など。
センキュウエキス セリ科植物であるセンキュウの根から抽出されるエキス。抗菌、抗炎症、血流改善効果がある。
トウキエキス セリ科植物であるトウキの根から抽出されるエキス。血行促進、抗消炎、保湿効果あり。
センブリエキス リンドウ科の植物のセンブリから抽出したエキス。育毛効果がある。
アロエベラエキス-1 アロエベラの葉から抽出したエキス。保湿効果、抗炎症効果あり。
BG 1,3-ブチレングリコールの略。水に馴染みやすく、潤いを保ちみずみずしさを出す。
アルニカ花エキス キク科の植物アルニカ花の花びらから抽出したエキス。血行促進、消炎効果、保湿など効果や脱毛を防ぐ効果もある。
オドリコソウ花エキス シソ科の植物、オドリコソウの花から抽出されたエキス。保湿効果、消炎効果がある。
オランダカラシエキス セリ科の植物、オランダカラシから抽出されるエキス。血行促進効果、皮膚細胞活性効果、発毛促進効果がある。
ゴボウ根エキス キク科の植物だるゴボウの根から抽出されたエキス。抗炎症効果、脱毛防止効果、血行促進効果がある。
セイヨウキズタエキス セイヨウキズタと言う、ウコギ科の植物の葉や茎から抽出されたエキス。収れん効果、抗炎症効果がある。
ニンニクエキス ニンニクから抽出されたエキス。殺菌効果、抗菌効果、細胞活性効果などがある。
セイヨウアカマツ球果エキス セイヨウアカマツと言う植物から抽出されたエキス。皮膚再生効果、血行促進効果など。
ローズマリーエキス マンネンロウと言う植物の花や葉から抽出されたエキス。保湿効果、収れん効果、酸化防止効果など。
ローマカミツレ花エキス キク科の植物で、別名カモミールとも呼ばれている植物から抽出したエキス。抗炎症効果や皮膚代謝促進効果がある。
セイヨウオトギリソウエキス オトギリソウ科の植物で英名ではセント・ジョーンズ・ワートと呼ばれている植物から抽出したエキス。殺菌効果や鎮痛効果などがある。
ナデシコ科のサボンソウと言う植物の根や葉から抽出されたエキス。滅菌効果や洗浄効果がある。
セージ葉エキス シソ科のセージと言う植物の葉から抽出されたエキス。抗菌効果、抗炎症効果、脱臭効果がある。
トウキンセンカ花エキス キク科のトウキンセンカという植物の花から抽出されたエキス。鎮痛効果や血行促進効果、抗炎症効果などがある。
ホップエキス アサ科のホップという植物から抽出されたエキス。皮膚柔軟効果や抗菌効果、保湿効果などがある。
レモン果実エキス レモンの果実から抽出されたエキス。収れん効果や保湿効果などがある。
黒砂糖 サトウキビから作られる、普段から摂取している黒砂糖のこと。ミネラル、B2、カルシウム、ビタミンB1、などを多く含む。
メントール ハッカの葉から抽出している成分。清涼感や強い爽快感を演出するが、直接育毛効果があるわけではありません。
オタネニンジンエキス ウコギ科の多年草の御種人参から抽出したエキス。皮膚の老化を抑える効果や保湿効果があります。
ダイズエキス マメ科の植物、大豆の種子から抽出されるエキス。イソフラボンや糖、サポニン、アミノ酸を含んでいる。女性ホルモンと同様の効果をする。育毛効果、保湿効果、コラーゲン生成促進効果、抗炎症効果、抗酸化効果などがある。
グリチルリチン酸2K 抗炎症、抗アレルギー効果から慢性、急性の皮膚炎に対して効果もある。
ヒノキチオール ヒノキやヒバなどの植物から抽出した油に含まれている成分。殺菌効果や抗炎症効果、細胞活性効果などがある。
フェノキシエタノール アルコール成分の一種。主に化粧品などの防腐殺菌剤として使用されている。
エタノール アルコール成分の一つ。別名エチルアルコール、酒精とも呼ばれる。揮発性が強く、殺菌・消毒に用いられる。水で薄めて初めて殺菌効果を持つ。

ウーマシャンプーの成分の総評

ざっと見る限り、特に危ない成分等が配合されているという事はありません。基本的に界面活性剤もアミノ酸系が主なので、危険性はものすごく低いと感じます。

中にはフェノキシエタノールに関して抵抗がある人も居ますが、育毛漢はパラベンなどの防腐剤は、製品製造の過程の中で必要だからこそ入れている訳だと解釈していますので、むしろ効果を高めるために腐らせない措置だと思っています。

ウーマシャンプーをネット限定割引で購入する

ウーマシャンプーの関連記事

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ