育毛漢 ~魂のMENU~

Deeper 3Dの成長因子について

Deeper 3D が高らかに謳う「成長因子」とは何か?

Deeper 3Dという商品ではグロースファクター成長因子)というキーワードがしきりに登場していますが、これは昔から育毛業界では当たり前のように使われてきた用語で『何をいまさら!』…という話ではなくて、非常に大事な要素だと思います。

育毛漢がまだ育毛を始めたころ…それこそ10年前位からなのですが、インターネットも全然初期の頃から育毛情報を発信し続けているサイトを見ても、当時から成長因子の重要性は語られていました。

このグロースファクター(成長因子)について、このページでは詳しく紹介したいと思います。

グロースファクター(成長因子)と育毛の関連性

因みにこのDeeper 3Dという商品では、8種類のグロースファクター(成長因子)を配合していて、それらが毛髪に好影響を与えるという判断です。

抜け毛を減らすと同時に発毛・育毛も促すという効果が期待できるそうです。

グロースファクター(成長因子)とは何なのか?

グロースファクター(成長因子)は、細胞分裂をするために必要なタンパク質の一種です。人間はおよそ数百兆個の細胞によって作られていますが、これらの細胞は常に細胞分裂を繰り返しています。つまりいつも新しい細胞を作り続けているのです。

髪の毛の細胞が成長因子…グロースファクターにによって成長をくり返すイメージ

この細胞を常に古いものから新しいものへと交換する作業を新陳代謝と呼びます。そして、細胞が分裂して、新しい細胞が作られる時(これが新陳代謝です)に必要な因子成長因子…グロースファクターなのです。

育毛効果はどれほど期待できるのか?

これはどこまで信憑性があるのか疑問ですが、公式サイトの記載によれば、ある日本の育毛専門医師が言うには、

『市販の育毛剤の治療効果というのは、ほんの数%という効果を示しています。』

という事を言っているそうです。これは医薬品のモノなのか医薬部外品のモノなのかは定かでは無いのですが、治療効果、という用語を出している以上、ミノキシジル系の育毛剤の事を指しているのかな?と推察します。

国が治療効果があると定めているのは医薬品の育毛剤であり、医薬部外品には予防効果までしなない、と基本的には区分しているからです。

そんな中でこのグロースファクター(成長因子)は違うようです。

グロースファクター(成長因子)は脅威の発毛率90%以上!?

対してこのグロースファクター(成長因子)なのですが、コレは海外の検証データからだと思うのですが、Dr.アーメッドという医学博士の方が行った、グロースファクターを利用した育毛治療では、なんと50%以上の方に改善が見られたそうです。

そして日本国内の話ですが、日本では、育毛治療は頭髪再生医療と呼ばれていて、ここでのグロースファクター(成長因子)を使用した頭髪再生治療では、なんと!脅威の発毛率90%以上という結果を出したそうです。

グロースファクター(成長因子)を使用した頭髪再生治療で発毛率90%以上

もはやここまで来ると信じるか信じないかはアナタ次第レベルの話になってしまうのですが、一応こういったデータも出ているようです、という話です。

Deeper 3D に関するその他の記事

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ