育毛漢 ~魂のMENU~

キャピキシルについて。ミノキシジルとの比較

育毛業界が注目するキャピキシルの効果について

※このページにおけるキャピキシルについての見解は、育毛漢独自の見解となります。沢山の情報を精査した上での話となりますが、いかんせんいち個人の範疇を超えることはありませんことをご了承下さい。

キャピキシル(CAPIXYL)とは正式名称?別称が、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス(の混合成分)という名前で、これはカナダのルーカスマイヤーコスメティクスという会社で開発されてものだそうです。

Deeper 3D はキャピキシルが5%配合されている。このキャピキシルがDeeper 3Dには5%も配合されているという事なんです。この5%配合は世界的に見てもトップクラスの高い配合率だそうです。

因みに右の画像の「BRONZE」と描かれたマークは、キャピキシルが3%以上配合されている商品に付与されるマークです。

育毛剤に配合される成分としては結構珍しいのですが、成長因子と植物エキスのプレミックス成分(あらかじめ混合した成分ということ)です。

原材料となっている植物、アカツメクサには有効性成分として、これはもう育毛には欠かせない成分として有名ですが、イソフラボン類が豊富に含まれています。

その中のビオカニンAというイソフラボン成分は、かの男性型脱毛症(AGA)の根本的原因として言われている5αリダクターゼを協力に防いでくれる効果を持つことがハッキリとデータにおいて証明されたようです。

ミノキシジルの3倍って一体何が3倍なのか?

Deeper 3D の登場で一躍脚光を浴びたキャピキシルという成分ですが、この商品のセールスページには、

育毛医薬品成分の3倍の有用性成分

という記載があります。

育毛情報に疎い初心者の方はには一体何の事か分からないと思います。何となく専門用語でぼやかしている感もしますし…。

実際育毛漢もよく分からないので調べてみました。その結果、この3倍というのはどうやら、

ミノキシジルよりも3倍もの毛髪活性力・成長力を誇る

という事みたいです。

ミノキシジルの3倍のパワーがあるキャピキシルの真実

これは、育毛漢がDeeper公式サイトからダウンロードできるUNIPEXという期間の検証データのPDFの28Pを日本語に翻訳して分かりやすくグラフを書き直したものですが、やはりミノキシジルよりも育毛効果の高い成分である事が記載されています。

さらにキャピキシルは副作用の危険性がない

今回この部分が個人的にはありがたく凄いと思った事なのですが、キャピキシルには副作用の心配がありません。

アカツメクサ花エキスこれまで育毛成分の王様だったミノキシジルの弱点としては、副作用の危険性がゼロではない、という事でした。

現に育毛漢は、副作用といいますか、その刺激性?から極度の痒みに襲われ幾度と無く試しては使用を断念してきました。

ミノキシジルというのは、元来が高血圧の治療に使用されていた血圧降下剤です。

血圧を下げる効果の反作用として、毛母細胞へ血液が送り届けられるように血管が広がる事で発毛促進を促すものです。

ですから低血圧人には強すぎて、動悸がしたり胸が痛くなったり心臓への負担がかかり、危険性を伴うことが問題になっています。

その点キャピキシルのアカツメクサ花エキスは植物由来成分ですから、基本的に人体に害を及ぼす成分ではありません。

この違いはとても大きなものだと思います。それでいて効果3倍というデータもあるのですから、これが本当であれば日本の公的な機関においても何らかの動きがあるのかもしれません。

キャピキシルとミノキシジルの比較まとめ

  キャピキシル ミノキシジル
毛髪活性度
(未使用時と比較)
156% 52%
副作用の危険性 なし あり
(低血圧の方は特に注意)
国の基準 未規定 第一類医薬品

現状、公開されているデータを見る限りでは、やはりキャピキシルの方が断然魅力的な成分である事は間違い無さそうですね。

正し、今の所あまりにも私たち消費者、薄毛に悩む私たちにとって都合の良いデータしか公開されていないような気がして、すこしだけ引いて、引き続き自分自身を実験台にして経過観察をしようと思います。

育毛漢の実際の使用レビューに興味がある方はこちらもどうぞ。

Deeper 3D に関するその他の記事

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ