育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプー

石けん系シャンプーの特徴

育毛シャンプーの種類には、高級アルコール系シャンプー、アミノ酸系シャンプー以外に、石けん系シャンプーがあります。

この石けん系シャンプーは、石けん(界面活性剤)を主成分とするシャンプーです。

前回紹介した高級アルコール系とは違って頭皮に刺激・ダメージを与える危険性がありません。2度洗いしても髪や頭皮にさほど刺激を与えないので、頭皮がベタつきやすいオイリー肌(脂性肌)の人向けと言えます。

石けん系シャンプーはボトル販売されている商品もありますが、基本的に固形の石けんと成分は同じなので値段重視で泡立てるのが面倒でない場合、固形の石けんをおすすめします。

石けん系シャンプーは、石けん素地カリ石けん素地脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムなどの成分表示があります。

育毛をする場合は石けん系シャンプーはどうか?

石けん系シャンプーのほとんどはアルカリ性です。

髪の毛は弱酸性ですが、ここにアルカリ性のシャンプーが触れると、髪の毛を覆っているキューティクルが開き毛羽立った状態になってしまいます。

経験があるかと思いますが、石けんで髪の毛を洗うと、または洗い上がりがギシギシとがきしんだ感じになりますよね。

その場合は、石けん系シャンプー専用のリンス(クエン酸配合)を使用すれば、髪の毛を酸性に戻すことができるので、ゴワつきは解消されます。

因みにこの感覚は、石けん系シャンプーを使用した直後の感覚です。使い続けると馴染んできて使い心地も良くなっていきます。育毛を考える場合、前回の日記で紹介した高級アルコール系のものよりもオススメです。

ただしもっとおすすめなのがアミノ酸系の育毛シャンプーになります。

興味のある方はこちらもあわせて読んでみて下さい。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ