育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプー

育毛シャンプーにも危険な洗浄成分がある

育毛シャンプーの洗浄成分には様々なタイプのものがあります。ざっと挙げてみると以下の洗浄成分があります。

アミノ酸系洗浄剤 タンパク質系洗浄剤 ベタイン系洗浄剤
グルコシド系洗浄剤 酢酸系洗浄剤 硫酸系洗浄剤

実際に配合される際なのですが、硫酸系洗浄剤は1種類のみで使用されることが多くあります。

酢酸系洗浄剤、アミノ酸系洗浄剤、タンパク質系洗浄剤、ベタイン系洗浄剤、グルコシド系洗浄剤は、1種類のみで使われることは少ないです。これらは他の成分と組み合わせて使用することが多いです。

今回は、この硫酸系洗浄剤について詳しく見たいと思います。実は硫酸系洗浄剤についてはあまりおすすめできない理由があるからです。

硫酸系洗浄剤は危険

洗浄成分に関する知識がゼロでも、ウリル硫酸Naの硫酸系洗浄剤は避けて下さい。

この成分は洗浄力がとても強く、汚れだけなら良いのですが、髪の毛や頭皮の水分や油分を必要以上に奪ってしまいます。

頭皮や髪の毛に対する刺激も強く、与えるダメージでフケやかゆみの原因になったりもします。育毛以外にもデメリットがあり分解されにくい洗浄剤なので環境に悪いいう事があります。

現状、育毛シャンプーにおいては、常識的にこの硫酸系洗浄剤が配合されている商品は皆無ですが、万が一のためにも、予備知識として持っておくことをオススメします。

また、育毛シャンプーであれば、アミノ酸系洗浄剤配合のものやタンパク質系のものが良いでしょう。

アミノ酸やタンパク質というのは言ってみれば髪の毛の構成成分そのものなので、この一事実だけをとってもオススメの成分です。

因みにこのサイトでおすすめのウーマシャンプーは、この中のアミノ酸系洗浄成分配合の育毛シャンプーになります。

興味のある方は商品の詳細情報を見てみて下さい。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ