育毛漢 ~魂のMENU~

育毛シャンプー

界面活性剤の種類と育毛シャンプーについて

育毛シャンプーには、商品ごとに特徴がありますが、どのシャンプーにも使用されている界面活性剤の種類で分類できます。

色々と種類がありますが、選ぶ時のポイントはシンプルなので、以下の解説を参考にしてみて下さい。

界面活性剤にはいくつかの種類があります。アミノ酸系、ベタイン系、硫酸系、脂肪酸系、高級アルコール系などです。

この中で、シャンプーを選ぶ際にお勧めなのが、天然成分配合のアミノ酸系ベタイン系です。

育毛シャンプーの多くがこのタイプに当たります。当サイトで紹介しているウーマやアロマ、プレミアムブラックシャンプーは、このアミノ酸系になります。

その他の硫酸系、脂肪酸系、高級アルコール系は、値段が安く、配合された商品もCMなどで紹介されているので使用率は高いです。

しかし、洗浄力が高すぎるので、それが逆に頭皮の環境を悪くする原因にもなります。頭皮の皮脂は重要な役割があるので、除去のし過ぎはNGです。

ですから育毛のことを本気で考えるのであれば、頭皮に優しい、天然成分配合のシャンプーが良いでしょう。

合成界面活性剤とは?界面活性剤との違い

市販の洗剤などにに合成界面活性剤は含まれています。この合成界面活性剤とは一体どのようなものなのでしょうか。

合成界面活性剤は油と水が混じり合ったもので、非常に洗浄力に優れている成分です。基本的に水と油は混じり合わないので水と油の間には境界(界面)が存在します。

合成界面活性剤はこの界面の性質を変えて、水と油を故意に混じり合わせるものなのです。

非常に強力な洗浄力があるので、洗濯用洗剤、台所用洗剤、シャンプー、リンス、ボディソープ、ハンドソープ、化粧品、歯磨き粉、トイレ用洗剤…と、多岐に渡り使用されています。

界面活性剤との違い

因みに、合成界面活性剤は石油から人工的に作られるものですが、セッケンは天然の油脂から作られるもので、海面活性剤になります。

化学的には脂肪酸ナトリウムか脂肪酸カリウムとなります。界面活性剤は、油と水を混ぜるための成分なので、頭皮にとって悪いものではありません。上にも述べたように石鹸も界面活性剤です。

これに対して合成界面活性剤というのは、肌への悪影響が取り上げられています。

化学的に作られたものなので、どうしても肌と合わないことが多く様々な悪影響が事例として出ています。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ