育毛漢 ~魂のMENU~

育毛剤

男性ホルモンを抑制する必要性

AGAは男性型脱毛症で、原因はジヒドロテストステロン(DHT)にあります。

このDHTは男性ホルモンの一種で、テストステロンが5αリダクターゼの働きによって変換したものです。AGAの症状が酷くなるにつれてこのホルモンの血中濃度は高くなってしまいます。

なので、薄毛を防ぐためにはDHTを抑制する必要があります。

男性ホルモンを抑制する育毛剤の具体的な効果としては、DHTが発生する原因となっている5αーリダクターゼを阻害します。

皆さんのよく知っている育毛剤では、プロペシアやフィンペシアなどがこのタイプの育毛剤です。ただ、このような育毛剤はAGAでない方の場合は、効果が感じられないことがあります。

例え育毛効果が感じられたにしても、育毛剤は副作用があって危険を伴う場合があります。

ましてや誤った育毛剤を使用してしまうのは怖いです。育毛剤を使用する前に自分の薄毛の原因をつきとめたい所ですね。

男性ホルモンを抑制する育毛剤はAGAに効果的

薄毛にも色々なタイプがあります。

こめかみ辺りからM字型に薄くなっていたり、頭頂部から順に周りがO字型に薄くなっていたりはしていませんか。

もしこのような薄毛であれば、AGAの可能性があります。

AGAは遺伝によることが多く、家族にこのような薄毛の方がいればAGAを疑ってみても良いでしょう。

この場合は、男性ホルモンを抑制する効果のある育毛剤を使用すると、育毛効果が得られる可能性が高いです。

医者の診察を受ける際はAGAチェックを行っている所もあるようです。

『自分の薄毛の原因が分からない。』

こんな方は医者にチェックしてもらって薄毛の原因を知ると、育毛対策を行う上でとても便利ですよ。

より確実性の高い育毛剤を選ぶことが出来ます。

因みに、当サイトで紹介している濃密育毛剤BUBKAという商品は、この男性ホルモンを抑制する効果がある育毛剤に分類されています。

育毛漢がこの育毛剤を高く評価している理由のひとつがここにあります。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ