育毛漢 ~魂のMENU~

人工毛植毛・自毛植毛

実績がある人気の自毛植毛クリニックベスト3
自毛植毛界の横綱的存在。2chでの評価も一番高く実績も多い。 古参のクリニック。自然な仕上がりが実現できる自毛植毛として人気。 定着率が悪い場合でも術後1年以内にかぎり無料で再手術できる。

植毛の手術は何歳以上が望ましいのか?

男性は前髪の生え際辺りと頭頂部が薄毛になりやすいのですが、これらの部分は男性ホルモンの影響を受けやすいようです。

自毛植毛は、男性ホルモンの影響を受けにくいその他の部分を、育毛したい部分に移植する方法です。

そういった側面から考えると、自毛移植手術にはある程度の年齢は必要です。

30歳以下の方の場合は将来どのように薄毛になっていくのか、まだはっきりとは分からない状態だと言えます。

ですから、この時期に自毛移植をしてしまうと本当はこれから生えてくる場所に毛を植えてしまう場合があります。

自毛移植手術の年齢以外の条件

自毛移植手術は更に言うと年齢が30以上に達していても向き不向きがあります。自毛移植向いている方には次のような方良いと言われています。

まずは、後頭部や側頭部の髪が健康で皮膚が柔らかくてはゆとりがあること。

後頭部や側頭部の髪の毛が多くて毛質が太くて丈夫であることです。

薄毛の部分に植え込むのは後頭部や側頭部の髪の毛です。だからこそドナーとなるのは、

『薄毛の部分がこんなふうになったらいいのに。』

と思うくらいに良い髪の毛でなければなりません。

また、ボリュームを多く見せるのに髪の毛に天然パーマーが少しでもかかっていること、髪の色が肌の色に近いことも大切です。

頭の形が縦に細長いことなども、薄毛部分が狭くてドナーの部分が多く取れるため自毛移植手術に適しています。

因みに傷跡の事を考えると、すぐにみみず腫れしやすいケロイド体質の場合は、ドナーの傷が目立ちやすくなることがあるので注意が必要です。

このように自毛移植手術に適している条件は色々とあります。

ただし、これらの条件を満たしているからといって、短絡的に自毛植毛を行うのは止めましょう。必ず情報収集や資料請求を行ったり無料相談などを活用して自分が納得するまで質問をするべきです。

とても高い手術料金なので、納得しないまま医師の言いなりでお金を払ったら、絶対に後悔します。

いきなり植毛という選択肢から入ったかたは、自宅でできる効果のある育毛法もありますので、そういった選択肢もあることを覚えておいて下さい。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ