育毛漢 ~魂のMENU~

人工毛植毛・自毛植毛

実績がある人気の自毛植毛クリニックベスト3
自毛植毛界の横綱的存在。2chでの評価も一番高く実績も多い。 古参のクリニック。自然な仕上がりが実現できる自毛植毛として人気。 定着率が悪い場合でも術後1年以内にかぎり無料で再手術できる。

人工毛植毛が引き起こす可能性のあるトラブル

私たちの頭皮は常に異物から頭を守ってくれています。人工毛植毛は人工物なので、頭皮が異物反応を起こしてしまうこともあるようです。

『でも髪の毛だから異物ではないのでは?』

などと疑問を持つ方もいるかも知れません。

しかし、人工毛は自分の髪の毛ではない髪の毛を使用するのです。他人の髪の毛だったり人工的に作った髪の毛だったりする訳です。

なのでそれは=異物なのです。

この髪の毛を頭皮に植毛すると、異物だと認識して炎症などの頭皮トラブルを起こしてしまうことがあります。

実は、この人工毛植毛に関して米国では、上記のようなこのようなトラブルが多く起こっているそうです。

植毛技術では先を行く国でも不安材料がある植毛法なのです。ですから人工毛植毛にするならその前に出来ることはないか?よく考えてから決めるのが良いでしょう。

人工毛の引き起こす可能性がある後遺症

人工毛は感染症の恐れもありますが、何よりも怖いのが後遺症です。

頭皮がでこぼこになって炎症を起こしたり、髪の毛の育ちにくい頭皮になってしまう場合もあります。ここまでなってしまうと自毛植毛をしても、髪の毛が育たなくなってしまうこともあります。

なので、もし育毛を行うならやはり優先順位としては、まず自分で実践できる育毛法で根本的な薄毛の解決を試みることです。

そして、その育毛法でなかなか思うような効果が得られず 『とにかくなりふり構わずどうしても何とかしたい。』と言うのであれば、頭皮に1番馴染みやすい自毛植毛を行うのが良いかも知れません。

それでも、『どうしても時間的な手間、経済的な負担を免れたい。』 と言う場合は人工毛植毛という選択肢もありますが私はおすすめしません。

人工毛植毛では全ての方に後遺症が起こると言う訳ではありませんが、最後の手段として、必ず医者に相談してから施術を受けるのが良いでしょう。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ