育毛漢 ~魂のMENU~

人工毛植毛・自毛植毛

実績がある人気の自毛植毛クリニックベスト3
自毛植毛界の横綱的存在。2chでの評価も一番高く実績も多い。 古参のクリニック。自然な仕上がりが実現できる自毛植毛として人気。 定着率が悪い場合でも術後1年以内にかぎり無料で再手術できる。

植毛手術後に出来てしまうカサブタへの対策は?

自毛植毛後は、植毛部分にかなりのカサブタが出来てしまいます。また、茶色のぶつぶつ状のものが出来ます。

自毛植毛の術後48時間は洗髪はしてはいけませんが、これらはその後の毎日のシャンプー洗髪で徐々に薄くなります。

およそ10日~2週間程度でカサブタは自然に剥がれ落ち、ぶつぶつはキレイに消えるようです。

しかし、社会人の方にとって2習慣はハッキリいって長いです。特に植毛したという事実を周りに知られたくない方は尚更です。

そんな方には、ちょっと難しいかもしれませんが、以下の方法でカサブタやぶつぶつを隠す方法があります。

植毛手術の術後のカサブタやぶつぶつを隠す方法

手術後のカサブタ・ぶつぶつを隠す方法として、増毛剤を使用するのはかなり有効だと思います。

お金がかかりますが、髪形や帽子でどうしても隠せないという事情を持つ場合、最終手段としても、考えられる最も現実的な方法だと思います。

増毛剤を選ぶ時に、ケラチンファイバーという素材で作られているかどうか?についてだけチェックをしてみて下さい。

この素材であれば、植毛に悪影響を与えてしまう恐れがないからです。ただし、増毛剤も、術後48時間以降に使用するようにしましょう。

つまり、植毛したという事を隠したい場合は連休の初日でクリニックの開店の最初のお客になり、連休後の初日から増毛剤でケアという流れが理想的です。

もちろん、まとまった連休が取れればなお良しです。

因みにケラチンファイバーがどうして大丈夫か?と言いますと、毛髪を構成する成分と同じ物質で出来ているからです。

商品の多くはアメリカ製で、開発の目的も植毛後のカサブタ隠しに特化して作られているのです。ただし、雨風に弱く、水に直接触れると流れ落ちてしまいます。

そう考えると、中々完璧にカバーできる方法は無いのが現状ですね。

残念ですが、色々なアイディアで乗り切るしかないと思います。最悪怪我をして包帯を巻いている、みたいな言い訳もありですが仕事に影響が出ない範囲の自作自演が望ましいですよね。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ