育毛漢 ~魂のMENU~

人工毛植毛・自毛植毛

実績がある人気の自毛植毛クリニックベスト3
自毛植毛界の横綱的存在。2chでの評価も一番高く実績も多い。 古参のクリニック。自然な仕上がりが実現できる自毛植毛として人気。 定着率が悪い場合でも術後1年以内にかぎり無料で再手術できる。

植毛というのは施術する医師の技術力が問われる

これから植毛を真剣に考えている方は、次のような点を知っておくと良いと思います。この点をしっかり認識しておけば、良いクリニックと良くないクリニックの差が分かってくるかもしれません。

それは、植毛の手術の結果というのは、その医師のセンスや技量によって変わってくる、ということです。

植毛に問われる医師の技量とは?…例えば自毛植毛では、ドナーは自分の後頭部や側頭部の頭皮を採取します。その時、頭皮へのダメージを抑えるためにも、この作業に無駄があってはいけません。

必要な分を最低限の労力で採取できる。それはズバリ医師の技量に左右される所です。また、休止期に入っていて一見髪の毛が少ないと思われるドナーでも、毛根を上手く活用することも無駄のない作業として挙げられます。

植毛に問われる医師のセンスとは?

植毛で皆さんが望むことは、自然な仕上がりです。ただ髪の毛が生えているように見せることが出来れば良い訳ではありません。

実際の手術においては、狭い範囲での作業の中でも、ドナー採取後の傷を目立たせないように縫い合わせる作業もありますし、毛の流れを調整したり植毛株を上手く配分して、 ナチュラルに見せるような職人的センスが問われます。

このセンスというのは経験に裏打ちされるものなので、クリニック選び・医師選びの際には、実績というものは重要だと思います。

最近では医師を積極的に紹介しているクリニックが多い

私達が得られる情報の最たるものとしては、そのクリニックが公開しているホームページの掲載情報です。

最近はクリニック側としても、見込み客の信頼を得るために、積極的にクリニック内部の情報を公開しています。

その中に医師の紹介ページがあります。

ウェルネスクリニックのドクター紹介

例えばこんな感じです。

医師の写真を載せるということは、クリニック側はリスクを負っているということです。つまり、昨今のネットのクレームや炎上騒ぎの情勢からみても、ネットに顔と実名を晒すことのリスクは計り知れません。

それを承知で公開するということは、やはりサービスにそれなりの自信と仕組みが無ければできないと思います。是非色々なクリニックの医師紹介ページをチェックしてみて判断した方が良さそうです。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ