育毛漢 ~魂のMENU~

人工毛植毛・自毛植毛

実績がある人気の自毛植毛クリニックベスト3
自毛植毛界の横綱的存在。2chでの評価も一番高く実績も多い。 古参のクリニック。自然な仕上がりが実現できる自毛植毛として人気。 定着率が悪い場合でも術後1年以内にかぎり無料で再手術できる。

自毛植毛と人工毛植毛の寿命の違いについて

『植毛したらその毛は全て自分のものとして一生残る。』と考えている方はいませんか?これはNoなので覚えておいて下さい。

もちろん、一生自分のものになる髪の毛もあるのですが、全ての植毛においてそうではありません。

例えば人工毛植毛というのは自毛よりも寿命が短く、見た目・即効性重視のサービスという特徴を持ちます。

植毛手術というのは超高額な費用がかかりますし、後々のヘアスタイルに関わることなので、まずはこういった基本なに違いなどをしっかり把握するべきです。

また、サービスについては無料資料請求や無料相談などを利用して、あらかじめクリニックの各種サービス内容を確認いておくのは必須です。

人工毛植毛と自毛植毛の違い

自毛植毛の場合は薄毛になりにくい場所である、後頭部や側頭部などから薄毛の箇所に髪の毛を毛根ごと移植します。

髪の毛の生えてくる細胞が薄毛の箇所に移動してくれているので、移植した毛根さえ定着すれば自分の毛として永久的に髪の毛が生えてきます。

もちろん永久的というのは、その髪の毛が自分の寿命まで付き合ってくれる潜在力がある場合ですが、一方、人工毛植毛の場合は自分の髪の毛では無いので、実質的には薄毛箇所の頭皮も今までと同じ状態です。

あくまでもすぐに見た目を良くしたい方のための植毛で、短期間で髪の毛のボリュームを増すことに最大の目的を置いています。

ですから残念ながら永久性は無く、1~2年程度で毛が抜けてしまうので、定期的に髪の毛を補充する必要があります。つまりお金がかかるということです。

人工毛植毛か?自毛植毛か?は単純な図式にすると、安全性第一に考えるか?金銭面を第一に考えるか?です。とは言っても、とてもデリケートな手術ですから、ここは安全性や継続性を重視するべきです。

ですから、本来的に植毛というのは、お金の無い人がするべき手術ではないことは確かです。

家計を破壊するレベルのお金を費やす恐れがあるので、もしあまり薄毛の進行レベルが低い場合は、しっかりと自宅でできる事から始めれば高確率で結果がでると育毛漢は思っています。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ