育毛漢 ~魂のMENU~

人工毛植毛・自毛植毛

実績がある人気の自毛植毛クリニックベスト3
自毛植毛界の横綱的存在。2chでの評価も一番高く実績も多い。 古参のクリニック。自然な仕上がりが実現できる自毛植毛として人気。 定着率が悪い場合でも術後1年以内にかぎり無料で再手術できる。

自毛植毛でのドナー(株)の定着についての疑問

自毛植毛を行った後に、移植した株が定着しているかどうかは、まさに死活問題です。せっかく薄毛部分に株を埋め込んだのに、その株がしっかりと定着してくれなければお金をドブに捨てたようなものです。

それどころか、髪の毛が生えていない状態になってしまう上に、手術の後がとても不自然に目立ってしまう可能性もあります。

もっともよくある疑問質問としては、

『施術してから数日経過して髪の毛が残っていれば定着したと考えていいのか。』
『髪の毛が抜けてしまったから、株が定着してないと言うことなのか。』

ということが挙げられます。しかし、これは両方とも間違いです。

自毛植毛の勘違いしやすいのは 『自分の髪の毛だけを植毛する。』と考えがちなところです。

しかし厳密に言うと、自毛植毛では実際は髪の毛だけでなく頭皮の毛根周囲にある髪の毛を生やす組織を移植しているのです。

なので、髪の毛が抜けても移植した株さえ抜けなければ良いのです。

株が頭皮に付いている状態であれば髪の毛が抜けようと、次の髪の毛が生えてくるはずなのでこれは定着という表現になります。

移植した株(ドナー)をしっかり定着させるために

晴れて定着してくれた株というのは、ちょっとしたことではなかなか抜けませんが、
100%大丈夫とは言えないだけに注意が必要です。

特に注意をしたいのは手術後の物理的なダメージです。痒みがおそってきても、絶対に頭皮を掻いたりしてはいけません。どうしても痒みに耐えられない場合はすぐに手術した医師に相談して下さい。

また、植毛が終わったからと言って育毛対策はおろそかにできません。

なんだかんだ言って生きた自分の髪の毛なのです。後頭部にあった生命力ある髪の毛だとしても、今はもう状況が違います。

しっかり日々の育毛対策はしていきたいところですね。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ