育毛漢 ~魂のMENU~

人工毛植毛・自毛植毛

実績がある人気の自毛植毛クリニックベスト3
自毛植毛界の横綱的存在。2chでの評価も一番高く実績も多い。 古参のクリニック。自然な仕上がりが実現できる自毛植毛として人気。 定着率が悪い場合でも術後1年以内にかぎり無料で再手術できる。

パンチ・グラフト法の植毛について

パンチ・グラフト植毛という言葉・名前は植毛業界においては最近出てきた用語かもしれません。しかし実は、1960年代には既に行われていた、人工植毛・自毛植毛でも歴史ある植毛法です。

パンチ・グラフト植毛では、直径4~5mm程度の円筒型のメスを使用します。1度に20~30本の髪の毛を毛根と一緒に切り抜いて、薄毛の気になる部位へ移植するのです。

一気に髪の毛を埋め込む分施術は速いのですがデメリットがあります。

ドナーは20~30本の髪の毛が束になって生えています。そのため、サイズが大きくなってしまったり、毛根の向きを変えられなかったりなどと、不自然な仕上がりになる恐れがあります。

また、大きなメスを使用するため傷跡が残る場合が多いです。これらのデメリットを考えてみると、パンチ・グラフト植毛よりも小さな株を埋め込む植毛法、ニードル法スリット法が良いと思われます。

ミニ・グラフト植毛・マイクロ・グラフト植毛

ミニ・グラフト植毛の基本的なやり方は、パンチ・グラフト植毛と同じです。

ただし、ミニ・グラフト植毛は、パンチ・グラフト法のデメリットである、髪の毛の生え際や毛根の向きなどが不自然であることを考えて作られた植毛法です。

植毛は『植毛した?』と第三者にはなるべく言われたくないものです。 やはり仕上がりのナチュラルさは大切ですよね。そのためのミニ・グラフト植毛です。

グラフトの種類ミニ・グラフト植毛はパンチ・グラフト法植毛よりも、 さらに小さな株を埋め込んでいく植毛方法です。

そしてさらに、ミニ・グラフト植毛より小さい部分を植毛するものとして、 マイクロ・グラフト植毛という方法も存在します。

ミニ・グラフト植毛は4~6本の髪の毛を含んだ直径1~2mm単位、

マイクロ・グラフト植毛は1~3本の髪の毛を含んだ直径1mm単位、

それぞれの単位で植毛を行うことが出来ます。

しかし忘れてはならないのが、 自然不自然いずれにしても頭皮にメスを使用することには違いありません。植毛する前にはしっかりと予備知識を得て、納得をした上で植毛の施術を受けるようにして欲しいです。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ