育毛漢 ~魂のMENU~

人工毛植毛・自毛植毛

実績がある人気の自毛植毛クリニックベスト3
自毛植毛界の横綱的存在。2chでの評価も一番高く実績も多い。 古参のクリニック。自然な仕上がりが実現できる自毛植毛として人気。 定着率が悪い場合でも術後1年以内にかぎり無料で再手術できる。

FUT法による植毛は自然な仕上がりが期待できる

世界的に行われている人工植毛・自毛植毛としてFUT法があります。FUTと言うのは、フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーションの略です。

パンチ・グラフト植毛、ミニ・グラフト植毛、マイクロ・グラフト植毛などのグラフト植毛は、髪の毛の本数で植毛が行われます。

一方、FUT法は毛包単位で植毛が行われます。FUT法は定着率や発毛率も高いという評価を得ています。また、FUT法はメスでスリットを作ってピンセットで1株ずつ髪を埋め込んでいきます。

この時に使用するメスは毛根を傷つけにくい一枚刃です。頭皮のことを考えながら植毛を行うとしたらFUT法がお勧めです。

それから、FUT法の株は1mmととても小さな株です。特殊な実体顕微鏡を使って施術が行われるのも特徴です。

FUT法は医師の技術が必要

FUT法はとても細かい作業を行うため、とても自然な仕上がりになります。『人の手によって植毛したものとは思えない。』などとコメントする方も多いようです。

ただ、その細かい作業が逆に時間がかかってしまうのです。さらに、このFUT法は技術を必要とするため、熟練した医師が何人か必要となり人手がかかります。

FUT法で植毛を行うとしたら、医師の能力で医者選びを行う必要があります。それは最初のカウンセリングなどで判断しようと思ってもなかなか難しく、口コミを頼りにするしかありません。

良い医者を選んで上手くいけばラッキーで、万一のことを考えると若干の不安は残ります。ですから、人工植毛・自毛植毛を行う前に自分の薄毛の原因を追究したり、髪の毛の勉強をそした方が良いです。

そうすれば、色々と込み入った質問が医師の方にできます。また、その前に自分でもできる事を見直すことも大事です。特に生活習慣の見直しなどで状況が変わる可能性もあるからです。

植毛を確実に行う決意がある人でも、頭皮に手を加える前から、自分で出来る限りの対策を継続していくようにしたいです。あくまでも他力本願にならないのが肝心だと思います。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ