育毛漢 ~魂のMENU~

人工毛植毛・自毛植毛

実績がある人気の自毛植毛クリニックベスト3
自毛植毛界の横綱的存在。2chでの評価も一番高く実績も多い。 古参のクリニック。自然な仕上がりが実現できる自毛植毛として人気。 定着率が悪い場合でも術後1年以内にかぎり無料で再手術できる。

FUE法による植毛について

FUE法(くり抜き法)は最近人気のある人工植毛・自毛植毛ひとつの方法です。
FUEというのは「Follicular Unit Extraction」の略です。

メスを使用して切る植毛法ではないので、傷跡も残らなく自然な仕上がりに見える点で評価されています。では、このFUE法ではメスの代わりにどのようなものが使用されるのでしょうか。

ドナーの採取には専用の直径1~1.3mmのパンチを使用します。このパンチで後頭部や側頭部から毛根をくり抜いて、薄毛の部分に植え込んでいくのです。

植毛する部分が小さい場合は、少量のドナーしか必要がないのでFUE法が適しています。また、ドナー部分の皮膚の緊張が強い場合にも、このFUE法適している方法だと言われています。

FUE法は広範囲の薄毛や東洋人には不向き

FUE法はドナーが限られているため広範囲の薄毛には適していません。また、ドナーをくり抜く時に毛根を傷つけやすく、採取後には米粒より若干大きめの傷跡が多数残ります。

FUE法はドナーの毛根の切断率が約20~50%もあって、技術のある医師でも大変な作業だと言われています。この施術を広範囲に渡って行うのは、施術を受ける側としてもかなり頭皮に負担をかけてしまいます。

さらに言うと、東洋人は白人よりも毛根が長く、それだけ広い部分に渡る施術が必要となるので、切断率がより高くなってしまいます。

FUE法のこれらのデメリットを見直して、最近ではSAFE法というのも登場しました。SAFE法の場合はドナーの毛根の切断率が約5~8%とかなり低くなります。

とは言っても、0と言えない分不安はありますよね。ですからリスクを取るのは後にして、まずは自分に出来る薄毛対策を見直してみる事を、当サイトではおすすめします。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ