育毛漢 ~魂のMENU~

人工毛植毛・自毛植毛

実績がある人気の自毛植毛クリニックベスト3
自毛植毛界の横綱的存在。2chでの評価も一番高く実績も多い。 古参のクリニック。自然な仕上がりが実現できる自毛植毛として人気。 定着率が悪い場合でも術後1年以内にかぎり無料で再手術できる。

自毛植毛のメリット・方法・仕組みを詳しく知る

自分の毛髪を薄くなった部分に移植する方法が自毛植毛です。これは誰でも分かると思います。この自毛植毛という技術は、中身を開いてみると実に様々な方法があり、 過去の技術者たちの試行錯誤の歴史をみることができます。

皆さんも気が付いていると思いますが後頭部の毛というのは、どんなにハゲている人でも、しっかり残っている場合がほとんどです。

後頭部の毛というのは男性ホルモンの影響…厳密にいうと、強力な男性ホルモンの影響を受けにくいためです。この生命力の強い後頭部の毛を生きたまま移植するのが自毛植毛の考え方です。

人工の毛を移植する場合と違い自分自身の毛なので、移植後の拒絶反応(抜けてしまうこと。)がほとんど無いというのが特徴であり大きな長所です。

色や質感も変わらず、年齢を重ねると共に 移植部分も周りの毛と同様に変化してきます。また一度移植してしまえば、その後のメンテナンスはほとんど必要ないのも長所です。カツラのように修理費や買い替えなどの必要経費が格段に安く抑えられます

自毛植毛は、日本ではまだ敷居が高いサービスですが、自分の毛を直接植えるというものなので確実性はピカいちです。ハゲの悩みを確実に解消してくれるので、早く安価になってくれることを期待したいところですね。

自毛植毛の方法の主な種類と仕組み

グラフト自毛植毛では様々な方式があります。中でも有名な方法を紹介します。以下の表の中でグラフトと呼ばれる用語が出てきますが、これは株とも呼ばれる髪の移植片です。

イメージとしては、土が付きの苗と言えば近いと思います。これを直接採取&埋め込むのです。

ニードル法 特殊な植毛器具でグラフトを植えます。この植毛器具は針なので頭皮の傷口が小さく、角度や方向、間隔も自在に調整できるのが長所です。
料金が安く施術自体がスピーディーというメリットもありますが、密度に限界があるというデメリットもあります。
ダイレクト法 メスを使用しないで毛包ごと直接吸引して採取する方法です。長所は生着率が高く術後、跡が数日で目立たなくなります。
移植の方法は、直径0.65ミリのチューブパンチを使用し移植ホールと呼ばれるものを作成します。高密度の植毛とデザイン性に優れます。また、頭皮へのダメージが少ないのが特徴です。
ストリップ法 後頭部の皮膚の柔らかい場所からグラフト採取して植毛する方法です。
採取場所が目立たない箇所で尚且つ術後の突っ張り感が気にならないという長所のがります。

これ以外にも沢山の種類があり、ここから派生した最新技術、改良を加えた最新技術で、各社ともオリジナルの植毛技術を駆使して植毛施術を行っています。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ