育毛漢 ~魂のMENU~

髪の毛・頭皮の基礎知識

髪の毛の層、キューティクル・コルテックス・メデュラ

当然ですが、髪の毛は正しいヘアケアをすれば健康を保つことができます。そのためには、髪の構造・メカニズムを知っていると、何かとメリットがあります。

髪の構造としては、まず細い髪の毛ですが、なんと一本一本が三層構造でできており、美しく元気な髪を保つためにはその三層がキチンと保たれている必要があります。

今回は、この髪の毛の構造について詳しく話をしてみようと思います。知識も大切な育毛成功の為の要素です!

髪の毛の3層について

髪の毛は大きく分けて3層になっています。キューティクル、コルテックス、メデュラ、とそれぞれ呼びますが、詳しく解説していきましょう。

キューティクル・コルテックス・メデュラ

キューティクル

このキューティクルは、髪の毛の表面を覆う硬くて薄いうろこ状の透明なもので、髪の内部を保護すると同時に水分の蒸発を防ぎ髪のツヤを保つ働きをします。ただ硬いということもあり、柔軟性がないためはがれやすく傷みやすい組織ではあります。

コルテックス

髪のハリ、弾力を作り出している毛髪の大部分を占める物です。吸収性に優れ、メラニン色素が含まれているために頭髪が黒く見えることになります。メラニン色素が少ない場合やなくなると金髪や白髪になります。

メデュラ

髪の芯のようなものです。髪の構造上空気を含んだ空砲があり、髪のコシを出す働きがあります。

三層そってこそ健康な髪の毛

このよ三層がしっかりと揃うことで、はじめてコシ・ハリ・ツヤの揃った美しい髪になります。また、毛髪は「ケラチン」というタンパク質の一種からできており、そのタンパク質のもとである「アミノ酸」は18種類が何重にも重なり、繊維状に結合したものが毛髪となるのです。

そして、なんといっても髪の構造で大事なのが毛根です。髪を抜いたときに根元についている白い球状の部分で毛球とも言い、毛穴の奥にある毛細血管から栄養分を吸上げる毛乳頭と、髪の毛の細胞を作る毛母細胞となります。

この二つの組織の働きがキチンと出来て、初めてきれいな髪が成長していくことになるのです。髪の毛がパサパサしている方は多いですが、これはキューティクルがガサガサな証拠です。

今は大丈夫かもしれませんが、こういった髪の毛で長期間居ると、やはり薄毛になっていく余地を広げることになるので、ドライヤーのかけ方やシャンプーの回数など、見直す必要があります。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ