育毛漢 ~魂のMENU~

髪の毛・頭皮の基礎知識

女性は要注意!びまん性脱毛症とは?

「びまん」というのは余り聞きなれない言葉ですが、これは「一面に広がる」という意味で、びまん性脱毛症というのは頭部全体の髪が均一に脱毛する症状ことです。

この症状は30代後半以降の女性に多く、最近は若い女性にもおおくなってきています。通常の脱毛症のように額や、頭頂部などの脱毛部分の境界がなく、全体の髪密度が低下するため全体に薄さが気になってきます。

毛髪の抜けると生えるという循環にすることに対して、抜けた後に成長することを休んでしまう休止期毛の割合が多くなるからです。

ヘアサイクル=毛周期

びまん性脱毛症は原因がはっきりしている

男性型脱毛症とは違い、びまん性脱毛症の原因ははっきりしています。加齢、ストレス、極端なダイエット、経口避妊薬(ピル)の摂取・過度のヘアケア…。これらが原因となっています。順番に見ていきましょう。

加齢

細胞自体の老化や動脈硬化の循環不全などが原因で、次第に毛孔が消えていきます。これは加齢と共に傾向が強くなります。加齢に関しては、こればかりは自然現象なので上手に付き合っていくしかないのが現状ですね。

ストレス

女性の社会進出の機会が多くなったことや、育児や離婚などの精神的な負荷が原因になっていることも少なくありません。現代の女性に薄毛が多いと言われる一因は、ここにあるのかと思います。

極端なダイエット

若い女性が多いのですが、急激なダイエットをすることで、毛の組織が栄養失調になり、成長期の毛が育つことなく休止期毛が増えて脱毛が起きます。

休止期毛が増えて脱毛が起きる

毛根にも栄養が必要なので、そこも意識してダイエットをしないといけません。短期間で一気に落とすダイエットは絶対にダメです。百害あって一利なしです。

経口避妊薬(ピル)の摂取

女性ホルモンと頭髪の密接な関係にあるのですが、経口避妊薬はプロゲステロンという女性ホルモンの一種で、これを一定期間内服した後で中止すると、一時的に休止期毛が多くなり、時にびまん性脱毛を起こすといわれます。

この場合は、直ちに服用を止めることで比較的容易に症状が改善の方向に向いますが、楽観視はせずに、しっかりと診察を受けながら治療しましょう。

過度のヘアケア

これも若い女性に多いのですが、日に2度も洗髪する人が最近増えてきています。なんだか清潔になるイメージがあるのでしょうけれど、これは長期的に見ると肌にダメージが蓄積され、結果的に不潔になります。

界面活性剤などを含むシャンプーは大量に使用すると危険です。リンスのしすぎ、ジェル、スプレーの使いすぎなども脱毛の原因になります。

びまん性脱毛症の原因は結構はっきりしているので、自然現象を抜かせば、この原因を排除することは簡単です。特段の事情がない限り、早急に原因を取り除くことが肝心です。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ