育毛漢 ~魂のMENU~

髪の毛・頭皮の基礎知識

頭のテカリに注意!?脂漏(しろう)性脱毛症について

脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)とは、頭の皮膚から分泌されている脂の量が増えることで起こる薄毛の症状です。

過剰に発生した頭の剥がれた皮脂がやがて汚れとなり、毛穴に入り込み頭皮や毛根などの頭の皮膚の炎症を引き起こしてしまい、その結果、抜け毛から薄毛になってしまうことをいいます。

また、脂漏性脱毛症はそのまま放置しておくと抜け毛の症状が加速し、髪の毛の生え変わるサイクルに乱れが生じることにより、青年期から壮年期にかけて発生する壮年性脱毛症を誘発してしまいます。

また炎症も悪化し、脂漏性の皮膚炎を起こしたりもしてしまうことになります。自分の頭が最近テカテカしていて、ちょっと抜け毛が気になる人は要注意です。

脂漏性脱毛症の最大の原因

脂漏性脱毛症を引き起こす最大の原因は、ホルモンの内分泌異常ヘアケアのしすぎが主な原因と言われています。

この中でも、ホルモンの内分泌異常といわれる、男性ホルモンのジヒドロテストステロンが過剰に分泌されるということが、今現在知られている中で最も有力な説といわれています。

ジヒドロテストステロンが過剰に分泌

男性型脱毛症のAGAの原因でもあるジヒドロテストステロンなのですが、脂漏性脱毛症を引き起こす原因となる皮脂腺と呼ばれる組織を刺激する作用があると言われいます。

ジヒドロテストステロンの過剰な分泌により、刺激された皮脂腺が大きくなった結果、過剰な皮脂を出していると考えられているのです。

また、それに関連してシャンプーや洗う方法が問題となっていることもあります。洗浄力の強いシャンプーを使ったり、一日に何度も洗髪したりすのはおすすめできません。

それによって、本来頭皮を守るべき皮脂を洗い流してしまうので、頭皮は逆に過剰な皮脂が分泌を促すことになってしまいます。

このような間違った洗髪をしてしまう人は、結構年配の方に多いようです。お悩みの方は是非、皮脂を適度に取り去るシャンプー(育毛シャンプーなど)に変えることをおすすめします。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ