育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

自己流洗髪してませんか?育毛の正しい洗髪について

『正しい洗髪方法を心掛けましょう。』と言うと、『誤った洗髪なんてあるの?』『洗髪は自己流では駄目なの?』と疑問を感じる方もいるでしょう。

もちろん、正しい洗髪も誤った洗髪もありますし、自己流での洗髪が全て正しいとは限りません。という事は、やはり正しい洗髪について、もう一度考えてみる必要がありそうです。この機会に、普段、何気無くしてきた洗髪方法を見直してみましょう。

洗髪の方法を意識していなかった人も、その洗髪方法が定着してしまっているので、この習慣を変えるのは結構難しいのですが、今ここで頑張って変えられれば、育毛の成功にどんどん有利な状況を作る事ができますので、是非頑張って下さい!

薄毛を防ぐ正しい洗髪方法

まず、皆さんは洗髪の際に、熱すぎるお湯や冷たすぎる水を使用していませんか?これでは頭皮を傷つけてしまいます。温度としては、38~40℃前後のお湯が良いでしょう。

そして育毛シャンプーは、よく泡立ててから使用するようにしましょう。まず最初に髪の毛全体を濡らし、頭皮ではなく髪の毛の上で泡立ちやすくします。

擦るときは強すぎて肌を傷つけてもいけませんが、余分な皮脂や汚れを落とすためには、泡の上から適度に力を入れて頭皮をこする必要があります。

シャンプーの正しい洗髪方法

擦ることで抜け毛が増えるのを心配する方もいますが、ある程度の抜け毛は当たり前なのでご安心下さい。そして、シャンプーを落とす際には、シャンプーの落とし忘れがないように綺麗に落とします。

『シャンプーを付けてから暫く放置しておきましょう』と言うようなシャンプーもありますが、これはシャンプーを洗い落としにくくしてしまいます。洗髪に時間のかからないようなシャンプーの方が良いと思います。

ドライヤーのかけ方

最後に洗った髪の水気をタオルなどでよく拭き取りドライヤーをかけます。特に髪の毛が短い方は自然乾燥に頼りがちな傾向にあります。

でも、濡れたまま放置しておくと、髪に雑菌がわきやすくなって薄毛の原因となりますので、自然乾燥は避けましょう。

ドライヤーは、最低でも髪の毛から10cm以上離してかけます。1点集中にならないよう適度に回しながらドライヤーをかけます。ドライヤーを近くでかけたり、かけ過ぎたりすると、頭皮を傷めてしまいますので気を付けましょう。

ドライヤーは、上手にかけれいれば何時間掛けても髪の毛を痛めない、と言われています。是非適度な距離を保ち優しく掛けるようにして、ドライヤーの達人を目指して下さい!

ドライヤーの正しいかけ方について詳しく

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ