育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

お酒にはハゲ・薄毛になるまっとうな原因がある!

よく、お酒(アルコール)はタバコと並んで育毛の敵として語られる嗜好品ですが、実際の所はどうなんでしょうか?

結論から言うとお酒はハゲ・薄毛の原因となり得ますので、やはり控えるべきだと思います。ただしタバコと違って人体に100%有害というものでは無いので、許容はできます。

育毛ガンバルならお酒は程ほどに…・。

ただし、飲みすぎは絶対にダメです。確実に人体を蝕みますし、タバコがもたらす以上の病気・疾患を抱える場合も少なくありません。

お酒がハゲ・薄毛になっている原因…システインが無くなる!

アルコールを体内に摂取すると、肝臓で分解されアセトアルデヒドというものを発生させます。アセトアルデヒドは有害物質なので、これを分解するために、 システイン(シスチン)というアミノ酸が使われます。

このシステインというのは、薄毛改善のための大事なアミノ酸です。髪の毛を構成しているタンパク質は18種類のアミノ酸で 構成されいるのですが、中でも最も含有率の高いアミノ酸がシステインです。

つまり、アルコールを過剰に摂取すると、髪の材料として使われたい大事なシステインが、アセトアルデヒドの撲滅のために使われてしまし、髪の毛にまわす余裕が無くなってしまうのです。

また、これは更年期にさしかかる人に言えますが、更年期には中性脂肪やコレステロールが増えやすくなり、高脂血症のリスクが高まります。この高脂血症というのも薄毛の原因になり得ます。これが二重の原因になって、薄毛を更に進行させる危険性がるのです。

育毛対策のためには禁酒は重要だけど少しならOK

上述したように、摂取した栄養素が育毛のために使われるのではなく、アルコールを分解するために使われている…というのは非常にもったいないですね。

育毛に必要な栄養素は、即効性をもって尚且つ多量に摂取できるものではありません。毎日のバランスの良い栄養摂取を積み重ねてやっと、育毛に適度な栄養摂取ができるのです。

ただし、タバコもそうなのですが、『いきなり禁酒は無理!』という方も居ます。禁煙に関しては『禁煙が無理なら育毛で結果がでない事も受け入れるべき。』と言えますが、ことお酒に関しては、その全てを絶たなくても大丈夫です。


アルコールの場合は、無理して完全にを断ち切る必要はありません。付き合い程度に飲む分、しっかりとお酒の量を守れる人は全く持って心配はないでしょう。むしろお酒によってストレスが発散される人も居ますから。

お酒の適量ってどれくらい?

これは人によってそれぞれです。というのは、個人の肝臓のアルコール分解能力によってお酒の適量は変わってくるからです。

このアルコール分解能力は体重によって変わってきます。体重が重いほどアルコール分解能力が高く、軽いほど低いです。まずは自分の体重にあわせて適量を考える場合は、下記の計算式で適正飲酒量を求めてみましょう。

適性飲酒量(ml)の計算方法

アルコール度数とは?

これは商品パッケージに記載されているあの「○○%」という数字の事です。ビールなら3~6%程度、日本酒なら15~16%ですね。この数字の部分を上の計算式に当てはめて下さい。

この式で出した数字が適性飲酒量となります。もちろんアルコール自体を受け付けない人も居ますから、現在お酒の習慣があって、なおかつ飲みすぎだと認識している人が有効に使って下さい。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ