育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

育毛には動物性たんぱく質よりも植物性たんぱく質を

育毛に関してよく言われる事のひとつとして、『髪の毛はたんぱく質で出来ているので、たんぱく質が良い。』という台詞ですが、これは間違いではありません。

もう少し踏み込んで言います。たんぱく質は大きく分けると、動物性たんぱく質植物性たんぱく質に分かれますが、育毛において積極的摂取すべきは植物性たんぱく質になります。

動物性たんぱく質の中には、血液循環を悪くしてしまい、頭皮に十分な栄養が行き渡らなくしてしまうこともあります。一方植物性たんぱく質は、血液をサラサラにして血行を良くしてくれます。

頭皮に必要な栄養もスムーズに届けることが可能になるのです。ですから同じたんぱく質という括りですが、育毛をする場合、意識した摂取を目指すのは植物性たんぱく質という事になります。

ポイントは意識した摂取です。また動物性たんぱく質も大事な栄養素を持っています。摂取してはいけない、という事ではありません。それについては後ほど詳しく説明します。

大豆製品が最もおすすめの植物性たんぱく質

大豆は育毛の必須栄養素!植物性たんぱく質は大豆製品に多く含まれています。大豆製品とはすなわち納豆、味噌、豆腐、油揚げ、おから、ゆば、枝豆、豆乳などです。

非常に摂取しやすく、毎日の食生活に浸透している食材だと思います。

例えば納豆は、シンプルにご飯にかけて食べられますし、味噌などは味噌汁を飲む日本人なら問題なし、豆腐もその味噌汁に入っていますしそのまま薬味と醤油でカタチになる食材ですから、もはや無意識レベルで摂取していますよね。

これをやや意識的に摂取すれば良いだけです。例えば『今日は味噌汁を作らなかったから、豆腐を一品食卓に追加しよう。』とか、そんな感じです。取り合えず毎日何らかの形で摂取できるような習慣をつくるのが理想ですね。

料理のバリエーションも色々あるので、毎日摂取していても飽きないし、苦になることはないと思います。

植物性たんぱく質について知っておきたい事

上記においては、動物性たんぱく質よりも植物性たんぱく質を摂取しよう!と述べましたが、植物性たんぱく質が動物性たんぱく質よりも、全てにおいて優秀だから、という事ではありません。

一例として挙げれば、植物性たんぱく質は、動物性たんぱく質と比較すると、一定量あたりに含まれているアミノ酸の種類は少ないのです。筋肉などを作るのに必要な細胞の生成に、即効性がない栄養素であったりします。

基本的というか当たり前の話ですが、植物性たんぱく質だけに頼った栄養補給というものには限界があり、それは無理です。

動物性たんぱく質によってしか摂取できない栄養素(必須アミノ酸)もあるので、極端な菜食主義というのは却って健康を損なう危険があります。 因みに動物性たんぱく質を含む食材というのは肉類乳製品などです。

しかし、動物性たんぱく質を過剰に摂取すると、上記したように血流を悪くします。肥満や血管系の病気の発症のリスクを高める可能性があるので、今回の記事の切り口では動物性たんぱく質が劣勢になっているのです。

実は、植物性たんぱく質の過剰摂取によるアレルギー反応や健康被害の報告というのは、これまでに一切の報告がされていないという驚くべき事実があります。

つまり、植物性たんぱく質については多量に摂取しても人体に悪影響を及ぼさない、という嬉しい事実があるのです。もちろん、そうだからといってそればかり摂取して他の栄養素を摂取しないといった事であれば、悪影響です。あくまで、単体での話ですから勘違いをしないようにしましょう。

こういったことから、育毛においてはぶっちぎりで植物性たんぱく質に軍配が上がるのです。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ