育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

育毛の成功の手助けになる食品・食べ物色々

薄毛を改善するためには生活習慣の改善は必須です。その中でも食事・食べ物は最重要課題であり、乱れている人が多いのがこの食生活です。

予想通りですが、ファストフードや外食、コンビニ弁当ばかりでは育毛の成功は遠のいてしまいます。髪の毛に良い食事=野菜も取り入れた食事を意識して、バランスよく食べることが大切なのです。

そこで今回は、育毛に効果が期待できる食品・食材・食べ物をざっくりと紹介したいと思います。どうしても好き嫌いというのはありますし、経済的な問題もありますから、紹介した中の全てを網羅するというよりは、取り入れられそうなモノからチャレンジしていくと良いでしょう。

また、こちらでは育毛レシピと題して、一人暮らしの方でも簡単に作れる料理を随時更新しているので、どうぞ参考にしてみて下さい。

髪の毛にとって良い影響をもたらす栄養素とは?

まず初めに、髪の毛にとって良い食物について、栄養素のレベルから紹介しておきます。髪の毛というのは、18種類のアミノ酸から結合して出来た、ケラチンというタンパク質でほとんど構成されています。

アミノ酸という事はズバリ、タンパク質を豊富にとることが育毛にとって良い事と言えます。

ただし、食べすぎ・摂りすぎはNGです。これは何事もそうですが、バランスが大事なのです。偏ってしまうとそれはやはり効果がないのです。

画像引用元 … Wikipedia - アミノ酸

また、食べすぎに関連していますが、タンパク質が多く含まれている食材として牛肉がありますが、この牛肉といのは、同時にコレステロールが高く脂質となって毛穴を塞いでしまう恐れがあったりします。

ですから一概にタンパク質が豊富だから積極的に食べる、というのも間違いです。よくよく吟味 or 量の調整が必要ですね。

ポイントは、このアミノ酸やタンパク質に併せて、取り込み易くしてくれるビタミンミネラル、きれいな血液や血流を作るための食物繊維をバランス良く摂取することです

血液がサラサラになるということは、血行が良くなるということなので、植物油の話でも述べたように、育毛にとって大事な要素です。

聞いたことありますか?何かの栄養素を摂取する時に、その栄養素を吸収しやすくしてくれる食材があるのです。それでは難しい話はこの辺にして、もっと身近な話に落としていきます。

最重要!「良質のタンパク質」が含まれる食材

まず一番最初に挙げたいのが、アミノ酸を多く含む食物&良質のタンパク質を含む食物という事で有名な大豆です。これはもう外せません。

育毛に大豆は欠かせない!

『大豆?いやいや普段食べてないよ?』と思う人は安心して下さい。大豆は味噌や豆腐など色々な製品に形を変えているので無意識でも摂取しています。

嬉しい食材ナンバーワンですね。これを無意識から意識的に食べて下さい。それこそ毎日でも大丈夫だと思うのです。

苦にならない、という意味でですよ。結構簡単に習慣化できるハズです。そしてこの大豆を食べる時に、できれば唐辛子も一緒に食べられたら最高です。

『大豆に含まれるイソフラボンと唐辛子に含まれるカプサイシンを同時に摂取すると、育毛に大変良い影響をもたらす。』と、名古屋市立大医学研究科の岡嶋研二教授、原田直明講師らのグループが実証しています。

大豆イソフラボンと唐辛子カプサイシンは育毛に効果あり!?これで思いつくのが、味噌汁に唐辛子を振って飲む、ですね。よく豚汁に唐辛子とかかけませんか?味噌汁でも全然アリですよね。おすすめです。

唐辛子はあのスーパーで売っている馴染みの七味唐辛子でOKです。ただし辛いのが苦手だという人は無理して唐辛子を取り入れる必要はありませんよ。まだまだ色々食材はあります。

画像引用元 … S&B 七味唐辛子

タンパク質の効率良い摂取に欠かせないビタミン

タンパク質を取り込みやすくする栄養素にビタミンを挙げましたが、このビタミンの中でも特にビタミンAビタミンB6ビタミンEビタミンDが非常に効果的です。

ビタミンAを多く含む食材

ビタミンAを多く含む物と言えばご存知緑黄色野菜です。人参カボチャなどの色の濃い野菜がそうです。一番身近で食卓に取り入れやすく、値段も安いのはニンジンですかね。

緑黄色野菜

サラダ、カレー、豚汁、煮物…大抵の料理に突っ込んでも大丈夫な万能食材です。

緑黄色野菜以外でビタミンAを多く含む食材で有名なのが、最近価格が高騰している鰻(うなぎ)です。 肝臓に蓄積され、皮膚・爪・髪の毛の健康を保つ働きがあります。

鰻(うなぎ)は皮膚・爪・髪の毛の健康を保つ

野菜が嫌いな人にはあり難いのですが、如何せん高いのでコンスタントに食べられるモノではありませんね。スーパの真空パックの鰻とか、商店街にある鰻屋さんの一番安い鰻とか、すき家とか吉野家の季節販売を狙いましょう。(笑い)

ビタミンB6を多く含む食材

次に、ビタミンB6を多く含む食べ物を紹介しますが、これも割りと身近です。青物の魚が特に多いです。イワシマグロサバなどが青物の魚です。

最近はマグロの値段が上がっていますので、サバなどがおすすめですね。サバ自体の青くささも、味噌煮などで工夫すれば美味しく食べられます。

ビタミンB6の多いマグロ。育毛に良い

そしてビタミンEを多く含むものですが、植物油ゴマナッツ類が良いでしょう。植物油というのは、オリーブオイルコーン油マーガリンなどの植物由来の油です。自炊する人は調理用油をこれらに買えるだけで良いでしょう。

オリーブ油・コーン油・マーガリンで育毛意識

サラダ油が基本的に安いのですが、ちょっと余裕のある人はコーン油にした方が、血液に優しいと思います。

最後にビタミンDです。ビタミンDは細胞の老化防止、カルシウム吸収の補助、血行の促進効果があります。知っている人が多いのが、上に挙げた中の、カルシウムの吸収を助けるものとしてのビタミンDですが、実はカルシウムは髪の毛を黒くする要因であるメラノサイトを作り出す際に必要なものなのです。

ビタミンDを多く含む食材で身近なものとしては、にしんさんまサバカレイしらす干しイワシなどです。

鮭、にしん、さんま、サバ、カレイ、しらす干し、イワシなど…これらは育毛に良い食材

瓶詰めの鮭とかしらす干しなどは、そのままご飯にかけて成立する食材なので大変助かりますね。しかも安いですし。

ミネラルもタンパク質摂取の手助けになる重要要素

ミネラルというのは聞きなれていますが、これは海藻類に含まれるヨウ素や、貝類、緑茶、抹茶に含まれる亜鉛の事をいいます。

亜鉛は頭皮に関係が深いミネラルです。肌を丈夫にする効果が期待でき、つまり抜け毛の予防に繋がります。特にネラルを含む食材として牡蠣(カキ)が有名です。好きな人はラッキーですね。

牡蠣(カキ)は育毛にとって良い食材として有名

日本人のメジャーな飲み物である緑茶、抹茶などにも多く含まれている事は嬉しい限ります。また、飲むだけではなく、頭皮に直接かけても育毛に効果があるそうで、育毛漢はお風呂の際に緑茶を頭皮に塗布しています。

緑茶、抹茶の育毛効果は期待できる

使用している緑茶ですが、普通にスーパーで売っているお~いお茶とか、その時々で安いのを買って使用しています。

血液サラサラ効果のタマネギで頭皮の血行を良くする

玉ねぎは育毛効果バツグン最後に食物繊維を摂取して血液をサラサラにする食材を紹介しますが、これはもうなんと言ってもタマネギではないでしょうか?

タマネギは殆どの人がコンスタントに摂取していますし、料理のレパートリーも無限に近いのでかなりおすすめです。このタマネギを普段よりも意識して食べれば問題ないでしょう。

育毛漢はタマネギは味噌汁にして食べます。上でも述べましたが、味噌汁は大豆を含むので、一石二鳥ですね。

以上、髪の毛に良い食物を紹介してみました。是非参考にしてみて下さい。とにかく取り過ぎはダメで、バランスよくが肝心です。

以下のリンクには育毛漢が実際に作っている所を紹介しているレシピ集がありますので、こちらも併せて読んでみて下さい。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ