育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

育毛にはアミノ酸系洗浄剤のシャンプーがベスト!

育毛の事、とりわけ育毛シャンプーについて調べだすと、必ず出てくるアミノ酸系シャンプーという用語。とにかく育毛には良いという事は分かりますが、具体的に一般のシャンプーとどう違うのか?掘り下げて解説します。

そもそもアミノ酸系シャンプーというのは、一体どんなシャンプーなのか?何を持ってアミノ酸系と言うのか?この部分はしっかり知っておかないと、もしかしたらシャンプー選びで失敗してしまうかもしれません。

シャンプーってなに?アミノ酸系シャンプーの定義

シャンプーというのは以外と知られていませんが、その殆どが洗浄剤(界面活性剤)と水とで構成されています。実際に成分表を見ると沢山の成分で構成されているように感じますが、水と洗浄剤以外の成分は全て足しても全体の数%に満たないのです。

つまり何が言いたいのか?と言いますと、洗浄剤がシャンプーの良し悪しを決めるものだと言うことです。

そしてアミノ酸系シャンプーとは、この重要な要素である洗浄剤にアミノ酸系の界面活性剤を使用したシャンプーのことを言うのです。

なぜ多くの育毛シャンプーにアミノ酸系の界面活性剤が配合されているのか?と言いますと、肌や髪に優しく穏やかに汚れを落とすからです。適度に皮脂を取り除くのです。

これまでのシャンプーというかスーパーで売っているような安価なシャンプーというのは、言うなれば従来の界面活性剤である、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naがほとんどを占めていました。

これらの洗浄剤はの洗浄力は強力過ぎるので、肌に必要な栄養分、頭皮に必要な分の皮脂まで洗い流してしまいます。そもそもラウリル硫酸等は車の洗車や食器洗いなど、に使用されるべきもので、人の体、頭皮を洗うのには適さない物です。

それでも利用されてきたのは、おそらく安価である事と、頭髪・頭皮・皮膚に対する研究がまだまだ盛んでなかった時期だったのでしょう。

そのため美容師さんは手が荒れ、乾燥肌やフケなどのトラブルが起きやすく、肌の弱い人にはとても適さない物でした。

ここで救世主的にスポットを浴びたのが、最近になって登場したこのアミノ酸系の洗浄剤を使用したアミノ酸系(育毛)シャンプーです。

これまでの硫酸系洗浄剤のシャンプーでは仕上がりがゴワゴワだった人も、アミノ酸シャンプーを使うとしっとり落ち着き、まとまりが良くなります。変なつっぱりも当然ありません。

育毛漢は、はじめて普通のシャンプーから育毛シャンプーに切り替えた時に、『いったいこれまで使っていたシャンプーは何だったの?』と驚き、色々と後悔すらしました。それ位違います。

育毛シャンプーとは育毛と書いてあるので誤解しがちですが、おそらく万人にすすめられるシャンプーです。頭皮改善にもっとも特化していますから、実際にアトピーや敏感肌で悩んでいた人を改善にも導くようです。

正しいアミノ酸系育毛シャンプーの選び方

アミノ酸系育毛シャンプーを選ぶ時にはポイントがあります。それは、硫酸系などのシャンプーにアミノ酸そのものを添加し『アミノ酸シャンプーです!』と名乗っている商品があります。

これはNGです。買わないで下さい。アミノ酸シャンプーはアミノ酸系の界面活性剤を使っているからこそ意味があります。注意しましょう。

見分け方としては、 表示成分に「ココイル~」「コカミド~」などと表示されています。アミノ酸系シャンプーには主にヤシ油由来の成分が使用されているのです。

アミノ酸系育毛シャンプーだと見分けるための表示成分

コカミドDEA コカミドプロピルベタイン
ココイルメチルタウリンNa ココイルグルタミン酸TEA

大抵この4つが表記されていますのでチェックしてみて下さい。

因みに、石鹸シャンプーというものが育毛に良いという話がありますが、アミノ酸系育毛シャンプーの方が断然良いですよ。石鹸ヤンプーよりも肌に優しく、乾燥を防ぎ、毛穴への汚れカス等の残留性も低いです。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ