育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

朝シャンは薄毛・ハゲの原因になっているのか?

朝シャン、いわゆる「朝シャワーを浴びる行為」「朝に洗髪・シャンプー」をすることですが、この朝シャンが薄毛・ハゲの原因になっているという話です。

去年にテレビ番組の「さまぁ~ずのイカさまタコさま」で放送された内容にこの話題が出ました。

この番組は出題されたお題がウソかホントかを皆で答えるもので、その日のお題に「朝シャンをすると薄毛になる?」があったのです。

朝シャンをすると薄毛になる?

この時の答えは「ホント」、つまり朝シャンは薄毛・ハゲの原因になるという事です。詳しく言うと、朝シャンすることで髪の毛が薄くなる可能性があるらしいのです。

加えて、現代の女性は育毛剤に関心が高いのですが、女性で薄毛の人が増えた原因には、この朝シャンというのが一因にあるそうです。

朝シャンが薄毛・ハゲの原因になる最大の理由・原因

色々調べてみたら、朝シャンで薄毛になるというのは、かなり理論的な理由からだという事が分かりました。その理由とはこういうものです。

髪の毛の習性として、夜中の3時~朝9時に毛が伸び、その間は毛穴が緩むらしく、この時にシャンプーする事でシャンプーの成分が毛根に入り込みやすくなるから。

育毛漢は最初は、朝の忙しい時間帯だからすすぎ残しをする人が多い傾向にあるためなんじゃ…、と思っていましたが、どうやらしっかりした理由があったのです。

もちろん忙しくて…が原因である事もあるかと思いますが、それなら原因は本人の怠慢、ということになりますからね。十分改善可能な原因です。

もちろん朝シャンすると必ずハゲるというわけではありませんが、ハゲやすい状態の時にワザワザ頑張ってシャンプーする理由はありません。育毛に真剣に取り組むのであれば、直ちに止めたい所です。

どうしても朝シャンじゃないと生活リズムが維持できない、という特別な事情がある人は、とにかくしっかりすすぐようにするべきでしょう。

ちなみに、この毛穴が緩む時間帯(シャンプーを避けたい時間帯)である3~9時というのは育毛剤が浸透しやすい時間でもあるので、この時間に育毛剤を塗布するのが理想です。

育毛漢は夜の9時と朝の6時の2回に育毛剤を塗布しています。育毛剤は安くはないですから、最大限のパフォーマンスを引き出してあげましょう。

朝シャンが薄毛・ハゲになるその他の理由

実はまだ原因があります。これらは気をつければ十分対策は可能だけど、現実的に厳しいものを挙げてみます。

まず知っておきたい理由としては、紫外線の悪影響をモロに受けやすくなる、という事です。 シャンプーが終わった後の頭皮というのは、洗い流した皮脂を補うようにゆっくりと脂分が分泌され、それが髪の毛を守る保護膜となります。

しかし朝シャンの場合、おおよそその保護膜ができる前に外に出てしまうことで、有害な紫外線を浴び、髪が痛む事になるのです。

次に、朝シャンをするという事は、夜にシャンプー(洗髪)をしていない、という事ですから、すなわち、髪の毛が育つ夜に毛穴の皮脂を溜めたままにしてしまいます。

髪の毛が一番成長するのは22時から2時の、いわゆる髪のゴールデンタイムです。副成長ホルモンが大量に分泌されるのがこの時間帯です。

そんな状況下で朝シャンを習慣にしている場合、1日に溜まった毛穴の皮脂を次の日の朝まで放置するという習慣がある、という事なのです。

皮脂が毛穴を塞ぎ、髪の毛は窒息状態になっているわけですから、当然髪の毛の環境は最悪、育毛に支障がでるのは100%間違いないでしょう。

このように、朝シャンは育毛にとって百害あって一利なし、です。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ