育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

育毛にとって帽子を被るのはハゲるので良くないのか?

帽子をかぶるとハゲになりやすい。

ネットで調べてみると、この話は有名で色々なサイトや掲示板で語られています。ただし、ハゲるという意見とハゲないという意見が半々位なので、真実は素人には判断出来ない状態になっています。

帽子をかぶるとハゲになりやすい?

しかし、よくよく調べてみると、結論としては帽子を被る程度の事でハゲるというのは単なる迷信だという事が見えてきます。

ではどうして帽子はハゲによくないという説が、これほどまでに説得力というか、主流の説になったのでしょうか?原因を育毛漢なりに解説してみようと思います。

帽子がハゲの原因になると言われている一般的な見解

ネットで色々と見た限りでは、大体こんな意見に集約されています。

帽子を被ることで頭皮の通気が悪くなる → そうすると頭皮に汗をかいて蒸れやすくなる → 蒸れた頭皮には雑菌が繁殖しやすくなる → そのため頭皮が不衛生になってしまう → その影響で毛髪が抜ける。

そしてこの説の締めとしては、

もし帽子を被るのなら時々は帽子を脱いで通気をよくしましょう。汗をかいたらこまめにタオルで拭くように。家に帰ってからシャワーを浴びて頭皮を清潔に。

こんな感じです。ここまでの話を読むと、なるほど帽子は髪の毛とってよくないもののような気がします。ただし、この最もかと思われる意見は、実はとても過剰な意見なのです。

帽子程度の負荷で頭皮の通気が髪の毛に影響する程悪くなるという事は、現実的にあり得ない話です。また、殆どの人は毎日洗髪をしていますから、この程度で雑菌が繁殖する不衛生な頭皮環境になってしまうというのもあり得ないのです。

確かに不衛生がハゲを招くというのは間違いなさそうですが、あくまで仕組みというか関係性の話であって、それが帽子云々には当てはまりません。

というか、帽子はハゲ予防に役に立つという事実をご存知でしょうか?

それは夏場の外出時に特に役に立ちます。夏の強い紫外線は髪に大きなダメージをあたえます。そのため、帽子を被って紫外線をガードしたほうが髪には良いのです。

因みに余談ですが、今回の記事を書くにあたってネットで調べていると、『帽子をかぶっている人はハゲが多い。だから帽子はハゲやすい。』という話をチラホラ見つけました。

でもこれって、帽子をかぶっているからハゲたのか?それとも、ハゲだから帽子をかぶっているのか?という事で、おそらく後者なんじゃないでしょうか?

育毛漢の経験として、髪の毛が薄くなった時というのは、それはおう周りの視線が気になりますから、いつもニット帽を被っていました。ですから気持ちはよく分かります。

そういった事を気にせずフラットな気持ちで見てみると、帽子をかぶっていても髪がフサフサの人の割合の方が多いという印象を受けます。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ