育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

1日に抜ける髪の毛の量は何本位だとヤバイのか?

この疑問をもつ人は非常に多いのですが、実はこの質問・疑問自体がナンセンスとまではいきませんが、非常に意味の無いことです。答えは1つでは無く、その人によって変わってくるものだからです。

一般的には100本を超えてくと危険信号という回答が、まことしやかに言われていますが、これはあくまで平均値から割り出したただの数字です。この平均値がこの手の話にとって、いかに参考にならないか?に気が付いている人が殆ど見受けられないのが不思議で残念です。

人間は不安な時、その不安を解消してくれそうなものに出会ってしまうと、その審議を確かめる力が鈍りすがりやすい生き物です。例えばどこかの権威ある調査機関が『平均すると1日100本抜け毛があるとハゲる兆候にありますね。』なんて言えば、盲目的に信じてしまいます。

そんな人がなんと多いことか!

しかし、よくよく考えてみて下さい。普通に周りの人の頭髪を見渡せば、物凄く剛毛で多い人も居るし、ネコッ毛で少ない人も居ますよね。下手をすれば倍以上も違う場合もあるでしょう。

そんな2人を並べて、1日の抜け毛の本数が一緒だと思う方が不自然ですよね。「ミソ」は、権威のある調査機関は嘘を付いていないという事です。ただの平均値を出して公表しただけです。問題なのは、この事実が伝言ゲームをしていく過程で捻じ曲がって伝わってしまう事なのです。

結果的に真実が嘘になってしまっているのです。

実は抜け毛の本数といのは相当な個人差があるようです。少ない人で20本多い人では400本以上もあるというのです。ソースは日本毛根抜け毛研究会というサイトですが、かなり詳しく調査していて信憑性があるものでした。

どうでしょう。こんなに差があるんですよ?ですから間違っても皆さんは排水溝にネットとかを設置して抜け毛を集めて乾かして、ピンセットでせっせと本数を数えたりしないで下さいね。昔の育毛漢みたいに。

本当に皆、平均値という数字のカラクリに気がつかないのが悲しくもあります。平均値というのは単純に、対象であるの全ての数字を足してその数で割っただけのことで、今回のような、個人差がある事象に対しての判断材料にはなり得ないのです。

これがお金の出し入れに繋がる数字として絡められた時に、真っ先にカモにされるタイプなんです、排水溝ピンセットの人は。

本当に、本数を数える事に意味なんてありません。抜け毛が100本→20本に減った所で、見た目がハゲていたら嬉しくとも何ともありません。ハゲは本数で決まりません。あくまで他者からの印象です。

ネットでは集客目的に、この「1日の抜け毛の本数の話」をまことしやかに公開して『今すぐチェック!そして育毛剤はコチラ!』と煽っている人が多いので、読者は悲惨ですよね。嘘の知識を手に入れることになるのですから。

ただし、もちろん読む側にも問題はあります。通常、何事にも最低限の問題意識を持ったりとか、社会生活を努力して生きていれば、このような話の本質というか核の部分には直ぐに気が付くハズです。

手に入れた情報というのは、自分の中で噛み砕けてこそ始めて活用できるものだと思います。難しいかもしれませんが、まずは疑問を持つクセを身につけましょう。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ