育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

フケが多いとハゲ・薄毛になるというのは本当?

100%ではないですが、過剰な量のフケは薄毛・ハゲへ向かう危険性が高いのは事実です。ただし勘違いしてはいけないのは、フケが多くなることで薄毛になるのではなく、薄毛になる兆しの症状としてフケが過剰に発生すると捉えるのが正しいです。

なので、フケ症の人が100%薄毛の症状になるわけではありません。ただし、なんとなく薄くなってきたと思っている時と同時期にフケが過剰に発生していたら、それはかなりの確率で薄毛・ハゲの原因となっているでしょう。

フケと薄毛・ハゲの関係は密接です。フケというのは身体(頭皮)の新陳代謝によって発生する言うなれば細胞のカスのようなもので、基本的にフケを全く出させないということは不可能です。つまりフケは必ず発生します。

しかし、通常よりもあまりにも多い場合にはフケ症と呼ばれ、痒みなどを伴う場合があります。こういった時、一体頭皮ではどういった事が起こっているのでしょうか。

通常、新陳代謝(ターンオーバーとも言います)で新しい細胞がフケとなって剥がれ落ちるまでの期間はおよそ1ヶ月周期ですが、この周期が男性ホルモンの分泌栄養バランスの乱れ細菌の異常繁殖によって乱れることがあります。

この乱れによって、細胞がしっかりと周期をまっとう出来なくなり、まだフケになるはずの無い若い細胞までフケとなって剥がれてしまい、結果フケが増大します。

男性ホルモンの分泌、栄養バランスの乱れ、細菌の異常繁殖…。なるほどこれらはそのまま薄毛の原因ですよね。だからフケは薄毛・ハゲの前兆なんですね。

フケ症の改善方法について…乾性フケ症と脂性フケ症

フケ症には乾性フケ症脂性フケ症の2つのタイプがあります。これは自分の頭皮の肌質と同じタイプのフケ症を発症します。(頭皮の肌質について)それぞれフケ症に応じた処置をしないと逆効果になりますので注意が必要です。

脂性フケ症の対策と改善方法

おそらくこのサイトを見ている殆どの人(育毛漢のようにAGAで悩む人)はこの脂性フケ症にあたると思います。脂性のフケはベタベタしているのが特徴です。

この場合のフケは、上手く処理できないと毛穴に残ってしまい、毛穴を詰まらせ、毛髪が生えてくる道を塞いでしまう可能性があるので要注意です。

症状がさらに進めばフケが細菌の格好の餌となってしまい細菌が異常繁殖し炎症を起こす脂漏性脱毛症まで発展する危険性もあります。その場合はすぐに皮膚科で診察をしましょう。

改善方法として、やはり即効性を求めるのであれば育毛シャンプーの使用に尽きると思います。正しいシャンプーの方法で自分の肌質に合った育毛シャンプーを継続的に使用することで、頭皮の状態は改善に向かいます。

ただし、これだけでは足りません。育毛シャンプーはいわば注射のようなもので、短期的かつ即効性が期待できますが、根本的解決は難しいと育毛漢は実感しています。

やはり根本的な改善を望むのであれば、食生活を見直し、脂物を控え、ビタミンをしっかりとることが重要です。そして睡眠を十分に摂り運動をして、健康的な生活習慣を取り戻す以外にはありません。

乾燥性フケ症の対策と改善方法

これは若い人に多いタイプです。育毛漢も中学生の時はモノ凄い乾燥したフケが頭から出ていました。思春期特有の症状とも言えるのですが、その他の原因として、洗浄力の強すぎるシャンプーによって、必要以上に皮脂を取り過ぎてしまうことが挙げられます。

この症状においても育毛シャンプーは有効になります。洗浄成分を安価で強い界面活性剤に頼らず、頭皮や毛髪と相性の良いアミノ酸系の洗浄成分を使用しているので程度に皮脂を取り除いてくれるからです。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ