育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

正しい髪の乾かし方とドライヤーの使用方法

正しいシャンプーの仕方を覚えたら、併せて正しいドライヤー(髪の乾かし方)を覚えておきたい所です。これも凄く重要なポイントがいくつかあります。

育毛では、ドライヤーで髪を乾かすのが正解!『髪は自然乾燥がいい。』とか『ドライヤーは髪が傷む。』なんて思っている人が居たら、これは大きな誤解です。

また、実際に髪が痛んでしまった人については、単純に使い方が間違っていたからです。

これも使い方に起因しますが、むしろ自然乾燥の方が育毛にとって髪に悪い影響を及ぼすのです。

育毛引いては髪の毛の健康のためには、しっかりドライヤーを使って髪を乾かしたほうが良いのです。特に夕食後、お風呂でシャワーをして、育毛剤を塗布する前の乾燥は、ドライヤーは必須です。

育毛に効果がある髪の毛の乾かし方(ドライヤーの方法)

まずお風呂から上がったら、タオルで髪を拭きますよね。いわゆるタオルドライです。実はその拭き方にも正しい方法があります。

ゴシゴシと髪をこするように拭いていませんか?これは間違った方法なのです。ゴシゴシと髪を拭いてしまうと、髪や頭皮が摩擦で傷んでしまいます。

タオルドライお風呂上りの髪の毛は、タオルで頭を押さえるような感じで優しく水分を取るようにしましょう。

タオルもふわふわで水分を吸いやすいものが良いと思います。育毛漢はオーガニックのタオルを愛用しています。

イメージとして、ゴシゴシ擦る方が良く水分が取れると思っている人が実に多いのですが、タオルというのは、その小さな小さな繊維の隙間に水分を吸い込ませるものなので、とんとんと当ててあげる方が早く水分を吸収してくれます。

これは最初は信じられませんが、実際にやってみれば分かります。いかにゴシゴシする事が無意味な行為なのかが。

ただし、今までずっと続けてきた習慣なので、新しいタオルドライ法にはなかなか馴染めないと思います。しかし!育毛のために、新しい習慣を是非手に入れて欲しいと思います。

ドライヤーでの乾かし方・コツなど

ある程度水分がとれたら、ここからドライヤーを使って髪を乾かしていきます。ドライヤーは温度の調整ができるものであれば、なんでもOKです。

まず、頭から20cmほど離したところから、ドライヤーの温風を当てていきます。乾かす順番は髪の 根元 → 毛先 です。頭皮には温風を当てずに髪にのみ当てるようにしましょう。

コツは、常に風を散らしながら、ドライヤーをせわしなく動かしながら乾かすことです。髪の毛は熱に大変弱いものなので、一点にちょっとの秒数温風があたるだけでも痛んでしまう危険性があります。

育毛漢の知り合いの美容師によれば、逆に言えば、この法則さえきちんと守っていれば、ドライヤーを何時間当てていても髪の毛は痛まないそうです。

髪の毛が8割方乾いてきたと思ったら(主観で大丈夫です。)、冷風に切り替えて完全に乾くまで当てて下さい。今度はそれほど「風の散らし」を意識しなくても大丈夫です。完全に乾くまでやりましょう。

そして、この完全に乾いた頭皮に育毛剤を塗布して下さい。これで完璧です!

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ