育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

育毛するならサーカディアンリズムを意識しよう

現代社会ほど夜も朝も関係なく、社会がめまぐるしく動いている時代は無いかと思います。そのような背景もあり、夜更かしが習慣化してしまい生活が不規則になっている方が実に多いと思います。

この生活の乱れが薄毛、脱毛を招いているので、現代人は髪の毛が薄いとも言われています。

人間というのは、サーカディアンリズム(概日リズム、体内時計)にコントロールされていると言われています。サーカディアンリズムは24時間から25時間周期で変動する生理現象のことです。

身体が、日が昇ると活動する準備をし日が暮れると休む準備をするという、地球の働きに沿った動きのことで、DNAからの命令なのです。

このDNAの命令に逆らって生活を送らなければならないこの現代社会では、かなりのストレスがかかっているのかもしれません。もちろん頭皮にもですね。

サーカディアンリズムは脳にある松果体という所で調整されるのですが、太陽光が目に入ると松果体が交感神経に働きかけ、身体が睡眠から目覚め活動するきっかけをつくります。

また、朝の光をあびることで睡眠から目覚めと共に、サーカディアンリズムをリセットし、身体の一日のリズムが始まるのです。

このように人間にとっての当たり前の行動を、朝の光を浴びず起床したり時間が不規則など睡眠不足になったりすると、サーカディアンリズムがうまくリセットされません。

これでは当然身体のリズムが崩れ、時差ぼけのようにぼーっとした状態になります。このような状態が長く続くと自律神経失調症などの身体の不調に結びつく原因となります。育毛どころではありませんね。

質の良い睡眠を取る方法

松果体からは、太陽光が目に入ってから、14時間から15時間ほどでメラトニンというホルモン物質が分泌されはじめ2時間後には眠気を誘うようになっています。

このタイミングで眠ると質のよい睡眠を取ることができ、すっきりと目覚めることができるのです。昼間は交感神経が優位に立ち活動的になり、夜は逆に副交感神経が優位になることで、身体がゆったりとリラックスするようになるのです。

この副交感神経が優位になるのは22時から翌2時の間で、この時間内で睡眠をとると成長ホルモンが分泌され、あらゆる細胞が新しく生まれ変わるのです。

女性が夜更かしのあとに肌が荒れるといいますが、これはこの副交感神経の優位になる時間帯に睡眠をとらなかったために、肌の皮膚細胞がうまく生まれ変われなかったことによるのです。

当然頭皮も頭皮の中の毛母細胞も、この副交感神経の優位の時間に細胞が生まれ変わることになり、健康な毛髪が生まれ育つということになるのです。

サーカディアンリズムに沿って、質の良い睡眠をとることで育毛にはもちろん、美肌、健康全ての良いことを手にいれることができるのです。理想を言えば、6時から7時くらいに目覚め 遅くても11時から0時には休むようにしたいですね。

質の良い睡眠のヒント

ストレス解消にも繋がるウォーキング

また、早起きすることで時間の余裕もできますし、自分の時間を持てることでストレス解消にもつながるのです。

目覚めたときに、カーテンを開けて朝日を浴びるのもいいのですが、外に出て全身に朝日を浴びる為にウォーキングやジョギングをすることをオススメします。

ウォーキングやジョギングで身体の筋力がアップすることで、血液の巡りも良くなるのはもちろん、肺活量も上がり、酸素をたっぷり体内に取り込むことができるようになるのです。

酸素たっぷりの良質の血液が全身にめぐるというのは、頭皮はもちろんその栄養をとりこんだ毛髪も元気になるのです。

気をつけて貰いたいのは、ウォーキングやジョギングは起きてすぐにするのではなく、水分をたっぷり取って少し時間をおいてからにしましょう。

これは、睡眠中は身体の水分が汗となって発散されていて水分が少なく血液がドロドロ状態に近いため、そのままでは血液循環効果が低下してしまい、ひどい時には脳梗塞や心臓発作につながることもあるからです。

ウォーキングも正しい方法で行うと効果は倍増します。

ウォーキングも正しい方法で行うと効果は倍増

サーカディアンリズムを意識すれば生活習慣の改善や・運動の継続が容易になります。是非とも実践したいところです。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ