育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

頭皮の赤みは育毛NGのサイン!炎症の原因と治療法

育毛をこれから始める、もしくは育毛を続けている最中に、頭皮の赤みを見つけたら、この時点で育毛は中止・中断をしなければいけません。

『育毛剤は毎日塗布しなければ!』と言って放っておき育毛剤を続けると、100%悪化して抜け毛の症状を引き起こします。

アルコールやメントール配合の育毛剤は多いですから、このような症状に陥っている場合は逆に刺激物となってしまい、頭皮の炎症はさらに悪化してしまいます。

赤みを引き起こす主な原因としては、スーパーなどで売っている普通の市販シャンプーの可能性が挙げられます。一般的に市販されているシャンプーは高級アルコール系といって、洗浄力の強い成分があるからです。

この洗浄力を『キレイに洗い流すから、頭皮に良いんだ!』勘違いして、必要以上にゴシゴシとこする様に洗髪してしまうと、更に炎症の原因として大きくなります。

紫外線による育毛への影響

また、紫外線による影響もあります。日差しの強い日々に頭皮に直接太陽光を浴びる状態が長く続くと、頭皮は炎症を起こしやすいのです。

順番を言えば、紫外線や何かしらの外的要因で頭皮が弱っているところに、市販の安価で洗浄力が無駄に強いシャンプーを間違った洗髪法で行うことで、炎症が引き起こされる場合が多いと思います。

慢性的な炎症に陥ってしまった場合は、現状のアイテムや方法を中止でるだけで感染に向かうのは難しく、やはりアイテム…シャンプーなどを良質のものに変える必要があるかもしれません。

育毛専用のシャンプーは、保湿力もあり、頭皮の皮脂を取り過ぎず、髪の毛の構成成分と同じアミノ酸が配合されているので、これだけでも全然結果が違ってくるかと思います。

その他にも、頭皮を『いじめてしまった。』と思い当たることがあれば、早急に止めるようにしたい所です。どうしても厳しいと感じたら、やはり皮膚科の受診が必要でしょう。

そうして頭皮の状態が改善しきったら、また育毛剤の塗布を開始すれば良いとおもいます。くれぐれも炎症時に育毛剤を付けてはいけません。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ