育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

自分がハゲた原因が遺伝だと決め付けるのは間違い

育毛を挫折させてしまう最もであり、なおかつ最大の理由が「遺伝」です。顔や体系などの容姿というのは遺伝に拠るところが大きいのですが、この考え方で『ハゲも遺伝する。』と思っている人は実に多いです。

育毛と遺伝の関係

最近の研究では、ハゲ・薄毛になる原因は遺伝ではなく、『ハゲと遺伝の直接的な関係性は無い。』と言っている研究者も居ます。

しかし厳密にいうと、ハゲやすい体質というのは遺伝すると言われています。それは例えばハゲの直接的原因となりやすい男性ホルモン。この多寡は遺伝による所が大きいそうです。

また、頭皮の肌質(脂性肌、乾燥肌等)、頭の形(頭が大きい、頭頂部が丸いなど)、おでこの広さ、髪質(直毛、くせ毛、ネコ毛)など、これら遺伝子情報によって形成されるようです。

こういったことから、遺伝はハゲの直接的な原因でなくあくまで間接的な要因なのだと育毛漢は考えます。つまりは生活習慣やストレスなどと全く並列に考えています。

ですから遺伝という、一見抗えないような事象でも、育毛を諦める理由には成り得ないと思います。現実に父親もお祖父さんも薄毛の育毛漢でも、育毛の成果は出していますから。

遺伝を嘆いたってハゲは解消しない

大切なのは遺伝と決め付けないで、は出来る限りのことをまずはやる、ということです。自分の育毛が上手くいかない本当に理由に辿り着けずに、遺伝というブラックボックスに丸投げして逃げてはいませんか?

確かに今は髪の毛がフサフサなのに、抜け始めると誰かの(何かの)せいにしたいのわかります。育毛を始めたのに全然効果が実感できなければ、諦めたくなる気持ちも分かります。かつての育毛漢もそうでした。

しかし、こういうデータもあります。

薄毛の症状は30代位から目立ち始めてくるのですが、これは10代、20代の生活習慣が蓄積して影響を与えているため、という調査結果。

思いあたるフシはありませんか?育毛を諦めてしまう人の特徴として、

・たかだか数ヶ月程度の実践で理想的な成果を期待している
・育毛剤を塗布することのみで育毛をしている気持ちになってしまう
・育毛剤をコロコロ変える
・タバコがやめられない、お酒や脂っこいものもやめない
・運動をしない
・常に楽な方へ楽な方へ考えて、色々と手抜きを始める

こんな事が言えると思います。かなり異常な脱毛の進行でない限り、まじめに勉強をして根気よく育毛に取り組めば、相当な確立で結果は付いてきますから、諦めずに頑張って欲しいな、と思います。

育毛を始める時は正しい知識と正しいアイテムの選択を

育毛が上手くいかず、直ぐに諦めたり何かのせいにしがちな人に限って、実は正しい育毛方法を勉強しないまま、闇雲に育毛をしている事が多いのです。

よく抜け毛が心配で育毛剤を必要以上にバンバンかけたりする方が居ますが、そういった間違った育毛剤の使用方法で育毛をしてしまうのは危険です。

抜け毛の原因が皮膚炎だった場合などにおいては、炎症をさらに悪化させ、脱毛を増長させる原因にもなります。

特にリアップX5やNFカロヤンガッシュなどの医薬品の育毛剤においては完全に間違った使用法とあります。

育毛シャンプーでも同じことが言えます。よく洗えばいいのだという言葉を誤解して、ゴシゴシとこれでもか!という位洗いまくったり、1日に3回も4回も洗髪してしまう人も居ます。

これらの間違った行為は、全て薄毛・ハゲを進行させ、取り返しのつかない状態になってしまいます。本当に真剣に育毛に取り組むのであれば、知識というは必須です。

育毛は簡単ではありません。だからこそ事前準備を怠らず、多角的なアプローチを継続して行わなければならないのです。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ