育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

男性ホルモンと若ハゲの因果関係について

男性ホルモンが原因でハゲ・薄毛の症状になることを、男性型脱毛症AGA)と呼んでいます。一般的に若ハゲともいわれ、殆どの薄毛になっている男性はこの症状下にあります。

『男性ホルモンの多い人がハゲになりやすいのではないか?』という話は、昔から言われてきたと思います。昔ながらの理屈としては、

男性ホルモンは主に睾丸で作られており、睾丸のない女性や睾丸をなくした男性にほとんどハゲは居ないから。

というものです。

しかし近年においては色々と検証が成され、若ハゲの方とそうでない方の血液中の男性ホルモン(テストステロン)の量を調べてみた結果、ほとんど差がないことが発覚しました。

ということは、男性ホルモンの量と若ハゲの関係性はないのでしょうか?残念ながらやはり大いに関係があります。

男性ホルモンにも色々あるということ

この男性ホルモンというのはそのままだと脱毛には関係ないのですが、ここに「ある酵素」が加わることで状況は一変します。

ある酵素とは、皮脂の中に存在5αリダクターゼという還元酵素と呼ばれるものです。これが男性ホルモンを活性化させ、男性ホルモンの中でもさらに強い男性ホルモンを作り出してしまうことで、頭髪の成長に影響を与えてしまうのです。

その強い男性ホルモンというのが、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるもので、男性ホルモンのテストステロンという物質が、還元酵素の5αリダクターゼによって変換されて出来ます。

AGAで薄毛になる仕組み・メカニズム

DHT(ジヒドロテストステロン)は、毛母細胞の分裂を阻害する働きを持ってしまいます。この現象に関しては、若ハゲの人たちのみならず、ハゲ系統の方の毛乳頭においてあまねく発見されています。

基本的に男性ホルモンというのは、髭や体毛にも働きかけ、これらを濃くする働きがあるのですが、何故か頭髪に関してだけは正反対の働きをかけるという、ちょっと天邪鬼なところがあるようです。

体毛が濃い人でも頭は薄い、という人を多く見かけますが、こういった仕組みがあるからなんですね。因みに育毛漢は体毛は非常に少ないのですが、でも若ハゲになりました…。(泣)

深く掘り下げてみましたが、若ハゲと男性ホルモンの関係は以上のようになっているのです。ポイントは、『如何にして5αリダクターゼを抑制するか?』という事で、育毛剤の各開発元は研究を重ねているのです。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ