育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

抗がん剤の副作用にける脱毛について

育毛漢が「脱毛・薬・副作用」というキーワードで真っ先に思い浮かぶのは抗がん剤です。ドラマでよくやっていますよね?

抗がん剤は脱毛を引き起こす抗がん剤からの影響を受けた毛根は、細胞を殺されるのでそこで成長が止まってしまい、その結果脱毛が引き起こされるそうです。

なぜ髪の毛を守れないのか?と言いますと、抗がん剤はがんの細胞を殺す目的で使用されているものなのですが、ガンの細胞だけを選んで殺すような器用なことは出来ないからです。現代医療技術の限界というやつですね。

抗がん剤が殺しているのは細胞分裂の速い細胞全般で、なおかつ毛根の細胞分裂は、がん細胞の分裂よりも速いため、抗がん剤からの影響を大きく受けることになるのです。

抗がん剤の脱毛からの回復について

抗がん剤による脱毛の場合、症状の回復については、病気からの回復如何になるというのが現状です。

つまり、抗がん剤の投与により病気が回復に向かい、晴れて抗がん剤の投与をしなくてもよい状態になれば自然に回復します。

抗がん剤による脱毛は一時的なものです。一般的に投与開始から1~3週間で抜け始め治療が終わると1~2ヶ月程度で再生が始まります。

個人差や治療の組み合わせにより異なりますが、平均的には男性だと2~3ヶ月女性は半年~1年で元の状態に戻るそうです。

因みに余談ですが、髪の毛というのは、食品や大気、有害金属や麻薬など、皮膚などから吸収された毒素を体外へ排出する役割があります。

そして、体外へ排出される量よりも体内へ吸収される毒素の量が上回ると、頭皮に毒素が蓄積されることになり、その結果、毛根の細胞が刺激を受けて発毛しにくくなり、抜け毛を引き起こす要因となります。

余談ですが遠からず近からず、これも薬の副作用の一つと言えるでしょう。

また、身体にとって良いと思われる薬も過剰摂取などすることで副作用を受け、薬品を体外に排出させるために毛根に苦痛を味わわせることになります。

どんなものでも相性というものがありますので、例えば相性の悪い育毛剤を使用することにより、その副作用を受けて逆に脱毛が進んでしまう場合もあります。

特に医薬品の育毛剤というのは、区分としてはれっきとした薬なので使用には最新の注意が必要です。

育毛漢は医薬部外品のブブカで育毛に成功しているという事も理由の一つにありますが、医薬品の育毛剤を強く勧めない大きな理由はここにあります。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ