育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

日本皮膚科学会ガイドラインについて

日本皮膚科学会ガイドラインは2010年4月に、日本皮膚科学会毛髪科学研究会が合同で作成した脱毛症についてガイドです。

脱毛症の治療法として知られるあらゆる手段(飲み薬、塗り薬、その他)を比較検討し、論文やそれに関する裏付けとなる証拠を集めるなどして、今までの脱毛症治療の検証を進めてきました。

その結果、日本皮膚科学会より脱毛症治療の有効性を表す5段階評価でガイドラインが発表されたのです。

日本皮膚科学会ガイドラインの5段階

それはA段階からD段階と、勧められる順に5段階にわかれています。

A段階 強く勧めてもよい ミノキシジル(男女OK)、フィナステリド(男性のみ)
B段階 勧めてもよい 自毛植毛
C1段階 考慮してもいいが十分な根拠がない 育毛剤(塩化カルプロニウム、tフラバノン、サイトプリン・ペンタデカン、ケトコナゾール)
C2段階 根拠がないので勧められない セファランチン
D段階 療法として行わないよう勧める 人工毛植毛

A段階で勧めるミノキシジルを含む育毛剤の一覧

ロゲイン 医師の処方箋なしで安全。初級者でも使いやすい。海外育毛剤
カークランド ロゲインのジェネリック。ヘッドウェイよりも安価
ザンドロックス 生え際の発毛に効果期待大。ミノキシジル製剤が高濃度なため、ピンポイントの局部的に使用できる。
ミノキシジルタブレット FDAにより育毛剤として認可された内服剤。効果は高いが、副作用も強い

A段階で勧めるフィナステリドを含む育毛剤の一覧

フィンペシア ブロベシアのジェネリック医薬品
ブロベシア 飲む育毛剤で、国内の皮膚科のAGA治療で用いられている。
ザンドロックス 生え際の発毛に効果期待大。ミノキシジル製剤が高濃度なため、ピンポイントの局部的に使用できる。

このように日本皮膚科学会では、いろんな頭皮や育毛に関して研究を続けています。

医薬品の育毛剤は副作用の危険性が高い

ミノキシジル育毛剤でもの凄いかゆみに襲われたさすがにA段階は強く勧めるだけあって、効果は一番に期待できると思います。実際に育毛漢は、育毛に初めて取り組んで最初に購入した育毛剤は、リグロのミノキシジル5%含有のものでした。

しかし、これが残念ながら育毛漢の頭皮には合わず、とんでもない痒みをもたらし、仕事中我慢できずにトイレに駆け込んでは頭をかきむしる行為に及んでしまい、結果的に頭皮を悪くしてしまいました…。

医薬品の育毛剤というのは、用法・容量がしっかりと定められています。当サイトでレビューしているリアップX5NFカロヤンガッシュなどは、ケンコーコムやケンコーコムSGといったサイトで購入できますが、使用上の注意書きが物凄いことになっています。

当時の育毛漢は、こんな注意書きなんてお構いなしに使用していたので、そのせいもあって合わなかったのかもしれませんが、こういった経験もあって、今は医薬部外品の育毛剤を推奨するという考えでサイトを運営しているのです。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ