育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

育毛に効果的な成分「ミネラル」を上手に摂ろう!

『わかめや昆布を食べると髪の毛が生える。』と言うようなことを聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

子供の頃は曖昧な考え方しか出来ず、『黒っぽい色してるから髪の毛に良いのかな。』などと思い込んできた育毛漢です。

でも実際には、海藻類には育毛に効果的なミネラルなどの成分が含まれているから、髪の毛に良い、というしっかりした理由があったのです。

当サイトで紹介している濃密育毛剤BUBKAを初め、多数の医薬部外品の育毛剤には、海藻エキスが含まれていて、育毛に対して有効に働きかけます。

ミネラルはとても貴重で育毛にとってかなり効果が期待できる栄養素です。身体に必要な5大栄養素の一つに数えられていて、様々な役割があります。

身体、引いては育毛に不可欠な5大栄養素
タンパク質 これらが欠乏すると新陳代謝が低下。
長期に渡ると重病招く恐れあり!
脂質
炭水化物(糖質)
ビタミン
ミネラル

ビタミンの原料になったり、虫歯の予防に役立ったり、数多くの酵素の補助に関わったりと、とにかくその役割は多岐に渡り、未だにその全ては分かっていない程なのです。

ミネラルは直訳すると鉱物、無機質という意味になり、それは私達の身体を構成する元素の事を言います。元素は理科で習いましたよね?スヘイリーベー…。それが元素です。

元素は100種類以上ありますが、その中から水素・酸素・窒素・炭素の4つを除いた全ての元素をミネラルと総称しているのです。

特にミネラルとして有名なのが、ヨウ素亜鉛が有名です。その他にも幾つかあるので表にまとめてみます。

ミネラル類 主な食材 効果・注意
ヨウ素 海藻、山芋、納豆、オクラ 甲状腺の働きを活発にして髪の毛の成長を促します。また、基礎代謝にも好影響を与え、髪のツヤを出します。
亜鉛 牡蠣、牛肉赤身、豚レバー、カシューナッツ、卵黄 新陳代謝を活発にします。亜鉛が不足すると抜け毛が増えます。
レバー、パセリ、卵黄、青海苔、ひじき、煮干 亜鉛を摂り過ぎると鉄分が不足し、鉄分を摂り過ぎると亜鉛不足になるという相反関係にあります。
セレニウム バター、牡蠣、にしん、ほたて 体内にある水銀を除去し、脱毛を防ぐ効果があります。
マグネシウム 海藻、豆類、小麦、アボガド、ブロッコリー 抜け毛を減らす効果があります。マグネシウムの欠乏により円形脱毛症になったりします。

特に亜鉛に関して掘り下げれば、活性型男性ホルモンDHTを作り出す5αリダクターゼという、もはや薄毛の原因として有名すぎるこの酵素の働きを抑えてくれる効果があります。

上の表でも説明したように、鉄と亜鉛は相関関係にあったりしますので、一概に多く摂取すれば良い、というものではありません。

多く摂取したからと言って頭皮の状態が急に改善したり髪の毛の量がいきなり増えることは絶対にあり得ません。逆に過剰摂取によって他の良くない症状を引き起こす可能性もあります。

ですから、やはりバランスよく摂取することが大切なのです。とは言っても具体的どうしたら分からないと思いますが、必要な量を摂る上では殆ど意識はしなくても、一般的な食事さえ取れていれば心配は要りません。

男性は野菜が不足しがちなので、 意識的に食べるようにしようそもそも大量に摂取する類のものではありませんから、野菜を十分に取り入れた食事をしていれば、必要な量のミネラル摂取は成されていると考えて大丈夫です。

ただし、そういった野菜などを取り入れた食事が出来ていない場合は要注意です。

サプリメントなどで意識的に摂取した方が良いと思います。ただし、サプリメントはあくまで補助的なものなので、なるべく咀嚼して摂取するようにしましょう。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー